印刷

研究

筑波大学の研究活動
21世紀COEプログラム

写真

 国際競争力のある世界最高水準の大学づくりを推進するため,大学院(博士課程)レベルの専攻等を対象とし,予算を重点配分する(トップ30改め)「世界的教育研究拠点の形成のための重点的支援-21世紀COEプログラム-」の本学採択プログラムを紹介します。


平成14年度21世紀COEプログラム

本学では,下表のとおり3件が選定されました。

プログラムの名称
拠点リーダー
研究科名
専攻名
(赤字は主となる専攻名)
未来型機能を創出する学際物質科学の推進
Promotion of Creative Interdisciplinary Materials Science for Novel Functions
門脇和男 教授
(物質工学系)
数理物質科学研究科
物性・分子工学専攻
化学専攻
電子・物理工学専攻
物質創成先端科学専攻
複合生物系応答機構の解析と農学的高度利用
Functional Analysis of Communication Mechanism in Bioconsortia and Its Agricultural Hyper-Utilization
深水昭吉 教授
(応用生物化学系)
生命環境科学研究科
生物機能科学専攻
国際地縁技術開発科学専攻
生物圏資源科学専攻
健康・スポーツ科学研究の推進
Promotion of Health and Sports Scientific Research
西平賀昭 教授
(体育科学系)
人間総合科学研究科
体育科学専攻
スポーツ医学専攻

 

平成15年度21世紀COEプログラム

標題の件について,1研究拠点が採択されました。

プログラムの名称
拠点リーダー
研究科名
専攻名
(赤字は主となる専攻名)
こころを解明する感性科学の推進
Promotion of Kansei Science for Understanding the Mechanism of Mind and Heart
桝正幸 教授
(基礎医学系)
人間総合科学研究科
感性認知脳科学専攻
心理学専攻
芸術学専攻

このページのトップへ