English

キャンパスライフ

海外留学を希望する方へ

海外に留学することは,国際性豊かな感性を磨くとともに,幅広い視野から物事を考える習慣を身につける上で,貴重な経験となります。一口に海外留学といっても,相手大学で学位を取得するもの,単位を取得し単位互換により本学の卒業単位の一部とするもの,語学研修,異文化体験に至るまで,留学の形態・目的は様々です。

留学の種類

海外留学にはいくつかの種類があります。海外留学を計画するにあたり,まずはそれぞれの種類の特徴についてよく理解し,自分の目的にあったプログラムを探すことから始めてみてください。



交換留学

本学と学生交流協定を結んでいる海外の大学(以下「協定校」)に,所属教育組織の長の許可を得て留学することを「交換留学」といいます。
交換留学の場合,留学期間は本学の修業年限および在学年限に編入され,留学先で取得した単位は,教員会議等の議を経て,一定条件のもとで本学の卒業要件単位として認められます。さらに,授業料相互不徴収の取り決めがある協定校では,留学先大学での授業料は不徴収となります。留学期間は1学期~1年(最大2年)です。



短期海外研修

本学の教育組織等が実施する海外研修プログラムに参加するものです。内容は語学研修,専門的な講義の受講,海外での実地研修等プログラムによって様々です。プログラムによっては本学の開設科目として実施され,単位が付与される場合があります。また,参加費・受講料が必要となる場合があります。
留学期間は1週間~1ヶ月程度が多くなっています。夏季・春季休業期間中に実施されるプログラムもあります。



Campus in Campus(CiC,キャンパスインキャンパス)

本学がキャンパスインキャンパス(以下CiC)協定を結んでいる大学において,科目を履修するものです。CiC大学において「科目ジュークボックス」に登録されている科目は本学の開設科目として履修でき,取得した単位は卒業要件単位として認められます。また,留学先大学の授業料は不徴収となります。
留学期間は1学期~1年となります。



休学(私費)留学

本学の協定校以外に1学期間以上留学を希望する場合は授業料不徴収の対象となりませんので,本学を休学して留学することができます。留学期間は本学の修業年限及び在学年限に算入されませんが,留学先で取得した単位は一定条件のもと本学の卒業要件単位として認められる可能性があります。
留学期間は自身で設定できますが,本学の在学年限に注意する必要があります。詳細は学則を参照してください。



留学までの流れ

留学までのおおよその流れは下記のとおりです。交換留学については別途該当項目を参照してください。

1. 募集開始前

留学のためのガイドブックGo Abroad!やスチューデント・コモンズ,春・秋に開催される留学フェアなどで自分が参加したい留学プログラムや協定校の情報を収集します。同時に応募条件を確認し,必要に応じてTOEFL等の語学の試験を受験します。


2. 留学プログラムの募集情報公開

学生用Web掲示板(TIPS),各支援室の掲示板,グローバル・コモンズ機構のWebサイト等に各種留学プログラムの募集情報が公開されます。応募条件・必要書類・手続き等を確認し,準備します。


3. 留学プログラムへの応募・選考

募集情報に従い,期限までに応募手続きを行います。手続きはプログラムによって異なります。
参加が決定した場合には,別途協定校へ提出する出願書類や,エリア支援室に提出する書類(留学願など)を作成します。


4. 留学開始までの準備

留学決定後は,下記の手続きを忘れずに行ってください。


また,留学先で使用する言語にかかる学習を継続することも重要です。


5. 留学終了後

留学終了後は,プログラムや奨学金支給元からの指示に応じて報告書の作成をする必要があります。



交換留学制度

本学と学生交流協定を結んでいる海外の大学(以下「 協定校」)に,所属教育組織長の許可を得て留学することを「交換留学」といいます。
交換留学の場合,留学期間は本学の修業年限及び在学年限に算入され,留学先で修得した単位は,教員会議等の議を経て,一定条件のもとで本学の卒業の要件となる単位として認められることがあります。さらに,授業料相互不徴収の取決めがある協定校では,留学先大学での授業料は不徴収となります。
なお,交換留学には,1年程度の準備期間が必要となります。また,多くの場合,協定校への交換留学の募集は年に1-2度しかありません。チャンスを逃さないよう,早めに情報収集することが大切です。



交換留学開始までの流れ

1. プランニング・情報収集

  • 留学計画,目的の明確化(いつ,どこで,何を勉強する?)
  • 家族に相談
  • 留学に必要な費用の概算と資金計画
  • 留学に必要な語学の学習を進める


2. 指導教員・クラス担任に相談 → WEB等にて協定校の情報を確認

  • 交換留学希望を報告
  • いつ,交換留学するのがよいか
  • 交換留学前後の筑波大学での単位習得をどうするか?
  • 帰国後の進路は?


3. 連絡調整責任者に相談

  • 協定校の詳細情報を確認
  • 交換留学決定までの流れ(渡航時期,申請時期)を確認
  • 成績,語学能力等の応募条件を確認
  • 学内選考の必要書類・応募方法を確認


4. 交換留学申請,願書作成,出願

  • 希望協定校担当の連絡調整責任者等へ必要書類を提出
  • 連絡調整責任者による選考
  • 学内選考に通過した場合,協定校へ願書を提出


5. 入学許可・入学手続き

  • 協定校から「入学許可書」「在留資格認定書」などを入手
  • 協定校へ必要書類提出 ※留学先により異なる(「授業科目登録」「学生宿舎の申請」など)
  • 所属支援室へ「留学願」の提出
  • 奨学金受給の手続き


6. 海外渡航手続き

  • パスポート取得
  • 留学ビザの取得
  • 航空券の購入
  • 海外旅行保険,OSSMA(海外安全危機管理サービス)への加入
  • 海外渡航届の提出(manaba上)
  • 在留届・たびレジの登録(外務省のウェブサイト参照)
  • 外貨購入,海外送金手続き

※ 留学終了後の手続き

  • 復学届の提出
  • 協定校で取得した単位の読み替え手続き
  • 留学にかかる報告書の作成



筑波大学の協定校

本学の協定校については下記リンク先を参照してください。

筑波大学 国際交流協定締結機関一覧

なお,協定には大学単位の大学間協定,教育組織単位の部局間協定があり,場合によって学生の交流形態や分野について制限があります。詳細は上記リンク先の一覧で協定の概要を確認の上,連絡調整責任者へお問い合わせください。


個別の短期研修プログラム



交換留学の申請

Campus in Campusパートナー大学,およびいくつかの全学協定校への交換留学については,manabaを通じて申請を行います。留学先大学の学期に合わせ,毎年10-11月頃(翌年の秋に留学開始)と5-6月頃(その年の冬に留学開始)に募集を行います。詳細はグローバル・コモンズ機構のウェブサイト学生用Web掲示板(TIPS)等により確認してください。



短期研修プログラム

短期研修プログラムでは,おおよそ10日~1ヶ月程度,海外において様々な学習活動を行うものです。筑波大学で実施しているプログラムには下記のようなものがあります。

  • 語学学習(グローバル・コモンズ機構やグローバルコミュニケーション教育センター(CEGLOC)等が実施。英語,ドイツ語,フランス語,ロシア語,中国語等。)
  • 専門分野の学習(各教育組織による)
  • 海外実習,フィールドワーク(各教育組織による)
  • 個別の短期研修プログラム
  • その他(はばたけ!筑波大生 海外武者修行プログラムなど)

これらのプログラムの一部は旅費や奨学金の支援対象となることがあります。

この他,筑波大学以外の機関が実施する語学研修やインターンシップ,ボランティア等のプログラムがあります。これらのプログラムについては基本的に個人応募となりますが,一部筑波大学を通して募集を行うものがあります。

プログラムの募集に関する情報は,プログラムの実施時期に応じて随時公開されます。学生用Web掲示板(TIPS) や,グローバル・コモンズ機構のウェブサイト等により確認してください。



Campus in Campus

Campus in Campus構想

Campus in Campus(CiC)構想とは,CiC協定を締結した海外の大学(CiCパートナー大学)と筑波大学との間で,学生,教員,研究者,職員が大学の壁を超えて活動するために,相互に,研究教育環境をキャンパス内に取り込み活用することを目指します。

2019年4月現在,Campus in Campusパートナー大学は下記のとおりです。

  • ボルドー大学(フランス)
  • 国立台湾大学(台湾)
  • サンパウロ大学(ブラジル)
  • マレーシア工科大学(マレーシア)
  • カリフォルニア大学アーバイン校(米国)
  • ユトレヒト大学(オランダ)
  • グルノーブル大学連合(フランス)
  • オハイオ州立大学(米国)
  • ボーフム大学(ドイツ)



Campus in Campusパートナー大学への留学

本学がキャンパスインキャンパス(以下CiC)協定を結んでいる大学へ留学します。また,「科目ジュークボックス(CJ)」に登録された科目を利用して留学することが可能です。科目ジュークボックス(CJ)とは,筑波大学と各CiC協定校との間で授業科目を共有する仕組みであり,学生は留学前に自分の専門や関心に応じた授業科目を検索した後,実際に現地に行って希望する授業科目を履修することができます。CJには各大学とも原則として英語で開講する科目を登録することとしており,2019年6月現在で3,248科目が登録されています。留学先大学の授業料は不徴収となり,留学期間は通常1学期~2学期間(履修科目がCiCパートナー大学で開講されている期間)となります。
なお,CJの科目を利用せずに,各自でHP等で確認した科目のみを受講して留学することも可能です。
Course Jukebox



Campus in Campusパートナー大学への留学の流れ

パートナー大学の学年暦に合わせ,基本的に年2回募集を行います(年1回募集の大学もあります)。留学希望者は,締め切りまでにmanabaからエントリーを行ってください。詳細は下記のグローバル・コモンズ機構のサイトをご参照ください。
筑波大学のための海外留学ガイドブック『Go Abroad!』
manabaからのエントリー方法について(ガイドブックP4-5)



Campus in Campusパートナー大学への留学の条件

筑波大学の正規学生であれば基本的に誰でも留学できますが,CiCパートナー大学において開設される科目は基本的に英語による学習となりますので注意してください(一部,現地公用語による開設科目あり)。なお,大学によっては科目履修にあたり語学能力等の条件が設定される場合があります。