ALUMNI

和田 崇紀氏

2021/07

和田 崇紀(ワダ タカノリ)氏

2003年入学・2007年卒業  第一学群自然学類
2007年入学・2009年修了  生命環境科学研究科

[現在の職業(勤務先・役職等)]

株式会社エフ・ディー・シー 取締役開発本部長

(1) 現在のお仕事を聞かせてください。

現在は、株式会社エフ・ディー・シーというITの会社で働いています。エフ・ディー・シーでは、企業向けの業務システムの開発や組込ソフトウェア開発、ITインフラの構築などを行っています。
その中で私はシステムエンジニアが160名ほど所属する開発本部という組織を取りまとめる開発本部長を務めています。
開発本部長としての仕事は、組織全体の生産性向上、品質向上のための具体的な施策の企画立案、計画実行や所属エンジニアがより効率的に、ストレスなく作業できる環境の構築・改善、新規事業の立ち上げやそのサポートなど多岐にわたります。
最近では採用活動に関わることも多く、エンジニア志望の学生に向けて説明したり、面接したりといった仕事も増えてきました。



(2) 今改めて、筑波大学で良かったと思うことを聞かせてください。

一言で言うと、高校までの生活や、社会人になってからでは経験できなかった、人生において非常に大切なことをたくさん経験できたことです。
大学生活では、自然学類、生命環境科学研究科と構造地質学の分野で地震学の研究をしていました。研究では、答えの見えない対象・事象に対して、仮説検証を繰り返して結論を導くという試行錯誤が非常に良い経験でした。
また研究だけでなく、サークル活動では、そこで出会った人やその人たちと様々なイベントの企画運営や人間関係の構築は、その後の人生の価値観を決める大切な時間となりました。
こういった経験は、当時は楽しんでやっていただけですが、振り返るとその経験がその後の社会人になってから問題解決に取り組む際の糧になっているなと感じています。
他の大学を経験したことはありませんが、つくばという土地や1大学としては面積や規模が大きく、多様性のある筑波大学はいろいろな経験をするという側面でいい大学だなと思います。
緑や公園があって生活にも困らない程度に整備されているつくばという街の雰囲気も落ち着いていて、いろいろな経験をするのにいい場所だなと思います。



(3) 本学と本学の学生に対してメッセージをお願いします。

大学生活は、非常に自由度の高い時間だと思います。勉学や研究に時間を使うのもいいでしょうし、スポーツやサークル活動、留学など自分の興味ややりたいことに時間を使うのもいいと思います。
自分の意思で自分のやりたいこと、やることを決めていけるというのも貴重な時間ですし、大学生活を楽しんで過ごしてもらえればと思います。
興味のあることでも趣味でもなんでも本気で考えて、行動したことは、結果としてうまくってもいかなくても、大きな糧になっていきます。
大学生活で得た経験は、その後の人生の歩み方、楽しみ方を決める一つになると思いますし、ぜひ大いに楽しんで、過ごしてください。