ALUMNI

久保田 一暁氏

2021/12

久保田 一暁(クボタ カズアキ)

1988年入学・1992年卒業 第2学群 生物学類
[現在の職業(勤務先・役職等)]

立命館中学校・高等学校 副校長

(1) 現在のお仕事を聞かせてください。

筑波大学卒業と同時に現在の学校に勤めて30年になります。20代や30代の頃は、授業(理科)やクラス担任の他、クラブ指導(剣道)、SSH(スーパーサイエンス・ハイスクール)事業を通じての海外校との交流などが主な仕事でした。
生徒とともに歩む毎日は充実感があり、やり甲斐のあるものでした。2013年度からは教頭に、2021年度からは副校長になり、現在は学校全体のマネジメントやその改革が仕事の中心です。
私の1日は、朝、正門に立ち、登校してくる生徒たちや近隣の方々と明るい挨拶を交わすところから始まります。教職員との打ち合わせ、教員会議などの運営、カリキュラムづくり、学園本部・地域・PTAとの連携など仕事は多岐にわたります。
今は新型コロナ対策も大切な仕事に加わりました。若い先生からベテランの先生、そして職員の方々とも一緒にチームとして仕事をしています。学校外では、高校生物の教科書の執筆にも長年関わっています。



(2) 今改めて、筑波大学で良かったと思うことを聞かせてください。

自然に恵まれた広々とした環境で過ごせたこと、尊敬できる恩師や全国から来た個性豊かなたくさんの友人に巡り会えたこと、図書館や研究施設が充実していたことなどに加え、下田臨海実験所での実習など、学外施設での体験的な学びも貴重な経験でした。筑波大学で過ごした4年間はかけがえのない時間であり、人間的にも成長できた4年間だったように思います。
私の場合、大学に進学して間もない頃は、将来研究者を目指すのか、教員を目指すのか心が定まっていませんでした。どちらの道へ進もうとしても、筑波大学にはそれを支えてくれる環境があったのは心強かったです。同窓生には大学教員や研究所、海外で活躍している人も多く、今もお互いの活躍が刺激になっています。卒業時に記念に購入した筑波大学のネクタイは30年たった今も、大切においています。



(3) 本学と本学の学生に対してメッセージをお願いします。

教員の仕事をしていると、しばしば筑波大学出身の先輩や後輩に出会うことがあります。みなさんに共通していることは「バランスがとれて優秀で、それぞれの職場でたいへん活躍されている」ということです。それは筑波大学という環境や教育システムがつくり出したものでもあるでしょうし、そのような資質を持った方が筑波大学に全国から集まっているという側面もあるのでしょう。
教育界にいるとほんとうに筑波大学や茗渓会の力を感じます。今、筑波大学で学ぶみなさんも、学びや研究に自信と確信をもち、これからの自分の人生をかけてチャレンジできるフィールドを見いだし、よりよき社会をつくっていく担い手として、精一杯力を発揮してほしいと願っています。
教師は「子どもたちの学びや成長を支える、とてもやり甲斐のある仕事」です。志ある方は、ぜひ教育の世界に飛び込んできてください。OBの一人として後輩のみなさんの活躍を心から応援しています。