医療・健康

コロナ禍で高齢者の移動動作能力が通常の1年の3倍以上低下

研究イメージ画像 (Image by wavebreakmedia/Shutterstock)

 COVID-19流行下において、高齢者は、外出自粛による身体活動量の減少、下肢機能の低下、フレイル(虚弱)の進行など、健康に大きな影響を受けたことが報告されています。しかし、それらはアンケート調査による高齢者の主観に基づく評価であったため、具体的な機能低下の実態は、十分に分かっていませんでした。そこで本研究では、COVID-19流行前から毎年実施している体力測定のデータ(茨城県笠間市在住の男性107人、女性133人、平均年齢73.2歳)を用いて、2016年からCOVID-19流行下の2020年にかけて、高齢者の各種体力の推移を調べました。


 その結果、複合的な移動動作能力を評価する「Timed Up & Go」という体力テストの成績が、通常の1年間では平均して男性で0.05%、女性で0.12%遅くなる(=機能が低下する)ことに対して、COVID-19流行下の2019年から2020年の1年間では、男性で0.7%(+0.42秒)、女性で0.36%(+0.22秒)遅くなることが分かりました。すなわち、COVID-19流行下では、通常の1年間の加齢変化よりも、移動動作能力が3倍以上低下したこととなります。他にも同様の顕著な体力低下は、男女ともに5 m通常歩行時間(歩行能力)や長座体前屈(柔軟性)でも見られ、さらに、女性においてのみ、握力(上肢筋力)や48本ペグ移動(手指巧緻性)でも確認されました。


 本研究により、今後のウィズコロナ時代に向けて、体力の維持・向上を意図した介護予防プログラムを優先的に行うことの必要性が示唆されました。


PDF資料

プレスリリース

研究代表者

筑波大学 体育系
大藏 倫博 教授

関連リンク

体育系

創基151年筑波大学開学50周年記念事業