印刷

お知らせ・情報

短時間の軽運動で記憶力が高まる! ~ヒトの海馬の記憶システムが活性化されることを初めて実証~

2018/09/26

筑波大学体育系 征矢英昭教授、諏訪部和也研究員、邊坰鎬(ビョン・キョンホ)助教、筑波大学システム情報系 山海嘉之教授、鈴木健嗣教授、米国カリフォルニア大学アーバイン校 Michael A. Yassa教授(筑波大体育系教授)らの共同研究グループは、ヨガや太極拳のような軽運動を模した超低強度運動が海馬を中心とした記憶システムを活性化し、記憶力を向上させることをヒトにおいて初めて明らかにしました。

本研究では、超低強度運動を10分間行った直後と安静後に記憶課題に取り組んだ際の脳の活動を、最先端の機能的MRI技術を駆使して高解像度で可視化し、比較しました。その結果、超低強度運動が海馬を活性化し、特に、海馬歯状回を中心とした記憶システム全体を上方制御することで、記憶能の向上に資することが明らかになりました。

図1.実験の概要 (A) 実験の流れ。実験参加者は運動条件と安静条件の両方をそれぞれ別日に行った。 (B) 記憶課題の説明。日常生活で目にするような物体の写真を見せ、それ以前に提示した物体と比べて、①全く「同じ」か、②「似ている」が全く同じではないか、③「初めて」出てきた物体か、の3択で回答させた。類似物体を同じではなく「似ているが違う」と弁別できた割合から記憶能を評価した。 (C) 記憶課題の結果。超低強度運動後に記憶課題を行ったときの方が、記憶力が向上し、類似物体に対して「似ているが違う」と正答できた割合が増加した。

 

PDF資料

このページのトップへ