ALUMNI

Eka Koesuma Wardhany氏

2022/01

Eka Koesuma Wardhany(エカ クスマ ワルダニ)

2016年入学・2018年修了 人間総合科学研究科障害科学専攻(大学院前期課程)
[現在の職業(勤務先・役職等)]

イオンインドネシア株式会社(本社)

① 現在のお仕事を聞かせてください。

本職は日本に拠点のあるイオンインドネシア株式会社にて本社の本部長のアシスタントとして勤めています。主に会社内外関係の翻訳・通訳関係ですが、その他に会社ガバナンスを支えるインドネシア政治・法務・経済・社会状況分析のサポートもしています。
また、新年度の本年4月より仕事内容がさらに増え、会社秘書と上司のプロジェクト・サポートに人事制度作りも着手してはじめました。学部を卒業したあと一度も経済部門、特に商業経営の経験はないので、入社時から経理・スーパー営業の基本から人事のことまで上司の指導のもと勉強しています。ときどき店舗現場を観察して知識の獲得もしました。ほとんどデスクワークですが、現場の状況を想像した上での分析もしなければならいので、今年3年目に迎えた私にとって新しいことと会う毎日を過ごしている感じです。 その傍らに教育と関係した翻訳・通訳を通して大学院で習得した障害児教育の基本を活かした幼児教育の教員への支援活動もしています。実際、日本人の友達と協力して幼児教育教員協会とつながって情報交換やワークショップ活動も年に2~3回やっています。

Eka Koesuma Wardhanyさん写真


② 今改めて,筑波大学で良かったと思うことを聞かせてください。

私は筑波大学のアイデンティティ・ビジョンである「IMAGINE THE FUTURE.」からたくさんの体験をさせてくれました。大学院生活中の国際環境の中で自分の色をつくって、グロバール化の世界に合った考え方・見方を研究室の指導教官・仲間たちから十分身に付けました。
また、世界中の友達と出会って、日常あまり耳にしていない国からのお友達もできたので、今でもSNSを通して情報交換をしています。これからさらに視野を広げ、いつか世界に役立つようなことができたらなとまた次の夢ができたようなきがします。
その他に、大学院に入ってころ指導教官から「伝えたいことは十分伝わらない」を理由に研究計画を何度も直されたことがあります。その繰り返しのおかげで、3年間という長い期間でどうやって自分のアイデアをまとめて構造化的に人に伝達するかということを学びました。それは今の仕事で本当に大活躍です。


③ 本学と本学の学生に対してメッセージをお願いします。

グロバール化しつつある世界の動きに合わせて筑波大学は研究を進めているのを体験できましたし、国際化した学生も集まって、それにより又何か新しい経験にもつながり、自分の将来に大きく影響するでしょう。その中で生活する学生の皆さんは是非たくさんの経験を積んで、自分のオーセンティックの築いた国際人間になってもらいたいと思います。
筑波大学はこれからも留学生にとって過ごしやすい、日本人学生と留学生が接触しやすい環境をもっと提供した大学になってほしいと思います。

Eka Koesuma Wardhanyさん写真