ALUMNI

関田 晃氏

関田さんの写真1

2022/02

関田 晃(セキタ アキラ)

1981年入学・1985年卒業 第2学群人間学類
[現在の職業(勤務先・役職等)]

さいたま市立大宮国際中等教育学校 校長


(1) 現在のお仕事を聞かせてください。

さいたま市立大宮国際中等教育学校の校長を務めて3年目になります。本校は2019年4月に開校した、埼玉県で初にして唯一の中等教育学校です。今年5月に国際バカロレア(IB)のミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)認定校となり、関東で初にして唯一の公立MYP認定校になりました。現在は前期課程1~3年生479名が在籍しており、2022年からの後期課程及び2023年からのIBディプロマ・プログラム(DP)の準備を進めています。
2012年からさいたま市教育委員会で本校の構想に携わり、2014年に開設が決まった翌2015年に母体校の市立大宮西高校の校長として着任し、以来同校閉校及び本校開校の2019年度に両校の校長を兼務した1年を含め、継続して校長7年目となります。

(2) 今改めて、筑波大学で良かったと思うことを聞かせてください。

筑波大学卒業後、埼玉県で高校教育に従事することとなった私にとっては、在学時の交友関係をはじめとする「人脈」が後々の大きな財産になりました。
例えば本校開校準備において、2018年に筑波大学大学院教育研究科と連携協定を結びましたが、これは私から在学時の先輩であった浜田博文教授を介して知り合った佐藤博志准教授(現教授)に持ち掛けて実現したものです。佐藤教授には、本校の学校評議員もお引き受けいただいています。また、当時IB校として先行していた札幌開成中等教育学校の初代校長相沢克明氏(現札幌市教育委員会学校教育部長)は在学時の後輩であり、多くの貴重な知見をいただくことができたことが、大いに私の助けになりました。


(3) 本学と本学の学生に対してメッセージをお願いします。

関田さんの写真2現在の勤務校の設置計画から携わり、開校と同時に初代校長となった私が、本校のような教育が必要だと考え始めたのは18歳の頃でした。当時私は高校3年生で、大学受験を控えていました。私だけではなく、私の周りの誰もが大学受験のために勉強していました。しかし私には「何のためにこういう勉強をするのか」という疑問がありました。16歳から18歳という、人生で最も多感でキラキラした時代の勉強が、大学受験のためのものだというのは理不尽だと思いました。その疑問は、「何のために生きているのか」、「何のために生まれてきたのか」という疑問でもありました。これはおかしい、これは変わらなければならない、そう思いました。
だから私は、筑波大学人間学類で教育学を学ぼうと考えました。そして、18歳だった私は、40年を経てようやく本校にたどり着きました。