ALUMNI

秋場 素子氏

稲葉素子さん写真

2022/02

秋場 素子(アキバ モトコ)

1994年入学・1998年卒業 第二学群人間学類

[現在の職業(勤務先・役職等)]
アメリカ合衆国フロリダ州立大学教育政策リーダーシップ学部 教授、学部長


(1) 現在のお仕事を聞かせてください。

秋葉素子さん写真現在、大学院生350人と教員22名が所属する教育政策リーダーシップ学部の学部長として勤めています。管理職として、予算や人事に関する仕事に携わりながら、授業と学生指導、そして研究に励んでいます。ペンシルベニア州立大学にて教育政策と国際比較教育の分野でPh.D.を取得し、その後国立研究所とミズーリ大学に10年間勤務した後、9年前にフロリダ州立大学へ准教授として移動しました。現在は教授として、教員リーダーシップ学や調査研究法の授業を教え、学生と共に教員研修や指導主事に関する政策的研究を行っています。多くの学生や教員と接する機会が多く、とても学びの多い毎日を送っています。


(2) 今改めて、筑波大学で良かったと思うことを聞かせてください。

筑波大学での4年間は私の世界観を広げてくれたとても貴重な時間でした。人間学類教育学専攻の学生として、授業を受けながら教育制度研究室にて大学院生とともに、研究内容や方法について多く学ぶことができました。ITCのサークルでも友人と共に英会話を楽しく学び、3年時には、アイビーリーグのペンシルベニア大学へ1年間留学をする機会に恵まれました。アメリカでの授業は難しいながらとても勉強になり、その後卒業後には教育政策学部でPh.D.を取ることに決めました。アメリカでの研究経験のある先生方から様々な助言を頂き、大学院では研究アシスタントとして働きながら、勉強することができました。筑波大学の国際性はとても素晴らしい特徴であるので、これからも多くの学生が国際経験を積んで日本人として世界の場で活躍してほしいと思います。


(3) 本学と本学の学生に対してメッセージをお願いします。

稲葉素子さん写真大学の4年間は多くの経験を積むことによって、自分が将来どのような方向に行きたいのかを理解するとても重要な時間であると思います。そのためには、自分が面白そうだなと思うことをどんどんやってみる、そして自分がPassionをもてる分野を見つけることが大切です。筑波大学は様々な分野の専門家がいて、自分が学んでみたい、やってみたいと思うことがいくらでもできる、素晴らしい環境を持っています。私の場合は海外への興味、そして教育研究への興味からはじまり、研究室から英会話、そして留学へとどんどん道が広がっていきました。その過程には多くの先生方からの手助けとサポートがありました。自分の人生は世界に一つしかありません。自分の直感を信じて、好きな道を歩んで下さい。