印刷

お知らせ・情報

進行がん患者の生命予後推定法の開発 ~誰でも生命予後を計算できるようになるかもしれない~

2018/11/22

筑波大学 医学医療系 浜野淳講師らの研究グループは、進行がん患者の血液検査データと心拍数・呼吸回数だけで生命予後を高い精度で推測できることを明らかにしました。

これまで、進行がん患者の生命予後は、主に医師の経験に基づいて推測されてきました。しかし、それでは、生命予後を実際より長く見積もってしまう傾向がありました。医師の診察結果など客観的な情報も含めた推測方法がいくつか開発されていますが、それらには、医師の診察がないと推測ができないという欠点がありました。

本研究グループが開発した推測方法は、患者の血液検査データと心拍数・呼吸回数を入力するだけで、患者ごとに7日後、14日後、30日後、56日後、90日後の生存確率が一度に計算できます。しか も、医師の診察結果など客観的な情報を含めた従来の推測方法よりも高い精度で推測できることが明らかになりました。また、血液検査のたびに繰り返し推測ができるため、治療の効果や体調の変化を鋭敏に反映した結果を得ることができます。そして、患者自身や家族でも知りたい時に、生命予後を推測できるという利点があります。

図 研究結果を用いた場合のイメージ図

PDF資料

このページのトップへ