印刷

キャンパスライフ

奨学金・修学支援
日本学生支援機構の奨学金

写真

日本学生支援機構 奨学金は,優秀な学生であって経済的理由により修学が困難なものに対して学資の貸与を行うことにより,国家・社会に有為な人材の育成に資するとともに,教育の機会均等に寄与することを目的とした奨学制度です。

在学採用

日本学生支援機構奨学金申込説明会を,4月中旬に開催します。募集は原則として年1回となりますので,奨学金を希望する学生は必ず出席してください。説明会において申込書を配布しますので,必要書類等を提出期限までに対応支援室学生支援・教務に提出し,スカラネット(インターネット)により申込みをしてください。また,第二次募集,追加募集等がある場合は,掲示によりお知らせします。

入学時特別増額貸与(有利子)

入学した方(編入学した方を含む。)で,第一種奨学金又は第二種奨学金の貸与を希望する場合,初回振込時に定額(10,20,30,40,50万円から選択)を増額して貸与を希望することができます。
希望する奨学金,大学・大学院によって初回振込日が異なります。初回振込日を考慮して入学料徴収猶予等の申請をしてください。

「所得連動返済型の無利子奨学金制度」(学群の第一種奨学金)

家計の厳しい学生等(給与所得世帯の年収300万円以下相当)が,将来の奨学金の返済の負担を懸念して修学を断念することのないよう、奨学金の貸与を受けた本人が,卒業後に一定の収入(年収300万円)を得るまでの間は返還期限を猶予するものです。手続き等は第一種奨学金と同じです。

予約採用

学群

大学に入学後,進学届を大学に提出すれば奨学生として採用されます。

申込み方法等は,下記によりお問い合わせ願います。
高等学校等に在学中の方 在学高等学校等
高等学校等を2年以内に卒業した方 出身高等学校等
大学入学資格検定試験の方 日本学生支援機構(市ケ谷事務所)

大学院

採用候補者(予約)の募集及び手続きにより申請してください。

採用候補者とならなかった者は,平成30年4月に本学大学院に入学後,改めて在学採用の募集の際に申込みを行ってください。入学後に,申込説明会を開催します。

奨学金の振込み:

奨学金は,原則として毎月11日,指定の銀行口座に振り込まれます。ただし,4・5月分及び採用時の初回分は別途振り込まれます。

適格認定:

奨学生として採用された者は毎年12月頃,日本学生支援機構から送付された「奨学金継続願」を対応支援室学生支援・教務で受領し,経済状況・学修状況等を記入して提出する義務があります。本学において奨学生としてふさわしい適格性を有する者であるか否かを認定します。

異動の届出:

退学,休学,復学,留学,辞退,転学群(学類)等の異動が生じた場合は,直ちに日本学生支援機構に届け出なければならないので,速やかに対応支援室・学生支援・教務に届出をしてください。

注意:留学に係る第一種奨学金・第二種奨学金手続きについてpdf

緊急採用・応急採用

主たる家計支持者の失職・破産・会社の倒産・病気・死亡又は火災,風水害等による家計急変のため緊急に奨学金の必要が生じた場合は,随時申込みを受け付けます。家計急変・災害で学費に困ったときは,対応支援室学生支援・教務又は学群・学生部学生生活課(経済支援チーム)へ相談してください。

「特に優れた業績による返還免除」制度

○貸与終了時に返還免除候補者を推薦する制度

この制度は,大学院において日本学生支援機構の第一種奨学金の貸与を受けた学生で,年度中に貸与が終了する(した)者に対し,在学中に特に優れた業績を挙げた者として日本学生支援機構が認定した場合に,その奨学金の全部又は一部の返還が免除される制度です。


○採用時に返還免除内定者を推薦する制度

返還免除内定者は,原則として貸与終了時に返還免除候補者として推薦されます。

申請を希望する場合,下記資料を参照のうえ申請してください。

このページのトップへ