印刷

教育

大学院共通科目

情報伝達力・コミュニケーション力養成 科目群 (0A002**)

サイエンスコミュニケータ養成実践講座

科目番号 0A00207
授業科目名(和文) サイエンスコミュニケータ養成実践講座
授業科目名(英文) Science Communicator Practical Training Program
授業形態 講義・演習
標準履修年次 修士、博士(前期、後期)課程を問わない
開設学期 今年度の開催は中止となりました。
曜時限
教室 上野,国立科学博物館
単位数 2単位
担当教員
教員名 国立科学博物館講師
所属
学務担当
主実施組織
TF・TA
TF なし
TA なし
オフィスアワー等
教育目標との関連 大学院共通科目で掲げた情報伝達力の養成を通して「人間力養成」に
資する。
授業の到達目標 自らの専門性を一般の人々にわかりやすく伝えるためのコミュニケー
ション能力を身につける事を目標とする。
授業概要 (1) 主として、自分の専門の科学を一般の人々にわかりやすく伝え
られるコミュニケーション能力の養成を中心に、国立科学博物館の
資源や環境を活用した理論と実践を組み合わせた対話型学習で進め
る。
(2) 修了者には、「サイエンスコミュニケーション1修了証」が授
与され、別途同博物館で実施する「サイエンスコミュニケーション
2」の受講資格が与えられる。
キーワード サイエンスコミュニケーション,コミュニケーション能力,双方向性
授業計画 ◆国立科学博物館ホームページhttp://www.kahaku.go.jp/で公表する。

http://www.kahaku.go.jp/learning/university/partnership/02.htm
l
履修条件 受講に当たっては、国立科学博物館サイエンスコミュニケータ養成

践講座に受講申し込みをした上で、事前レポートなどにより審査さ

た結果、受講が許可された者に対して、本大学院共通科目の受講登

を受け付ける。
成績評価方法 ①評価方法 授業態度(授業中の発言,グループ学習の活動,課題
提出),実技試験による。
②割合:総合的に判断する。
③評価基準 実技の結果によって決まる。但し,授業態度等も考
慮。
(注意)国立科学博物館サイエンスコミュニケータ養成実践講座に
おいて修了証を得たものに対してのみ、単位認定を行う。途中放棄
者、未修了者には単位認定を行わない。
教材・参考文献・配布資料 授業時に配付。
授業外における学習方法 国立科学博物館の学習資源を活用して,自らの専門性を伝えるための
工夫について考える。
その他 実施場所:国立科学博物館
※別途科学博物館への申し込みが必要 受講料:30,860円 (一般
61,710円)(別途テキスト代 約2000円予定) 募集定員:20名程
度(ただし、養成講座全体で20名程度のため、履修制限あり)
◆国立科学博物館ホームページ http://www.kahaku.go.jp/および
http://www.kahaku.go.jp/learning/university/partnership/02.h
tml
開講情報
開講日
備考 今年度は開講が中止となりました。
国立科学博物館はサイエンスコミュニケーションのエッセンスを自
宅で気軽に学ぶことができるオンライン型の授業「科博オンライ
ン・セミナー~コミュニケーション編~」を今年度9月~11月まで
実施しています。※単位認定はされません。
https://www.kahaku.go.jp/learning/university/partnership/sc/
online/
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ