印刷

教育

大学院共通科目

身心基盤形成 科目群 (0A006**)

コミュニケーションアート & デザインA

科目番号 0A00602
授業科目名(和文) コミュニケーションアート & デザインA
授業科目名(英文) Advanced Lecture - Communication Art and DesignA
授業形態 講義
標準履修年次 1-5
開設学期 2020年度開講せず
曜時限
教室
単位数 1
担当教員
教員名 上浦 佑太、國安 孝昌、齋藤 敏寿、田中 佐代子、原 忠信、宮原 克人、Mcleod Gary
所属 芸術
学務担当
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー オーガナイザーの教員に直接メールで連絡してください
研究室
電話番号
E-mail
教育目標との関連 修士レベル
 知の活用力・マネジメント能力・コミュニケーション能力
博士レベル
 知の創成力・マネジメント能力・コミュニケーション能力
授業の到達目標 アートとデザインにおけるコミュニケーションのあり方を理解し、効
果的な表現のために必要な観点を習得することができる。
授業概要 現代アート全般、ビジュアルデザイン全般、陶磁、木工、構成学につ
いて概説し各諸分野の位置付けを明らかにする。
キーワード 現代アート、ビジュアルデザイン、陶磁、木工、構成学
授業計画 主にスライドを使って講義する。簡単なワークショップなどを行う
こともある。

第1回 ガイダンス
第2回 総合造形の研究
第3回 総合造形の教育
第4回 現代の実在主義的な造形
第5回 ビジュアル・コミュニケーション・デザイン
第6回 ブランディングデザイン
第7回 木工・漆芸の仕事
第8回 特殊造形、環境とアート
第9回 写真
第10回 構成学
履修条件 特になし
成績評価方法 ①評価方法:期末試験を課す。
②割合:期末試験100%
③評価基準:「期末試験について満点の60%以上をとること」
教材・参考文献・配布資料 教科書は使用しない。参考文献等は必要に応じて授業内で提示または配付する
授業外における学習方法 ・次回の授業で取り扱う造形表現の分野について予習しておくこと。
・授業で紹介した内容について復習し、関連のある事項について各自
で調べてさらに理解を深めること。
その他 特になし
開講情報
開講日
備考 2020年度開講せず
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ