印刷

教育

大学院共通科目

国際性養成 科目群 (0A003**)

地球規模課題と国際社会:社会脳

科目番号 0A00313
授業科目名(和文) 地球規模課題と国際社会:社会脳
授業科目名(英文) Global Issues and Global society - The Social Brain
授業形態 講義
標準履修年次 1-5
開設学期 春季休業中・集中
曜時限
教室
単位数 1
担当教員
教員名 小川 園子 教授 (人間系・感性認知脳科学)
所属
学務担当
主実施組織
TF・TA
TF
TA TA配置 (学生名未定)
オフィスアワー等
オフィスアワー 随時(E-mailによる事前予約による)
研究室
電話番号
E-mail
教育目標との関連 ・国際性養成科目群・シリーズ講義:「地球規模課題と国際社会」
の中の科目として開講し、筑波大学が留学生や外国人教員数の向上
を目標・計画に掲げる中で、多国籍環境の中で日本人学生や留学生
の国際感覚を磨き、国際社会の理解を進め、グローバル人材として
活躍する大学院生の育成を果たす。
・国連が提起した「持続可能な開発にかかる地球規模課題(SDGs)」
に密接に関わる国際社会が直面する課題を理解し、大学院生各人に
国際社会の一員としての自覚を誘起し、高等教育を受けた者が果た
すべき役割と責任につ
授業の到達目標 ・多国籍環境の中で国際感覚を磨き、国際社会の理解を進め、グロー
バル人材として活躍する資質を養い、国際社会で活躍できる能力と人
間力を養う。
授業概要 ・国際社会が直面する「社会性の変容」に起因する様々な問題を
「社会脳」として新たな分野を創成しそれを取り扱う。
・国連が提起した「持続可能な開発にかかる地球規模課題
Sustainable Developmental Goals」の中で、Goal 3 & 4に関連す
る課題でもある。
・個別課題について講義する。
キーワード 社会脳、脳・認知科学、神経科学
授業計画
履修条件 英語力向上と国際感覚を研磨する高いモチベーションを有すること
成績評価方法 事前学習、授業への積極的な参加(質疑応答への参加度)、課題レポ
ートに基づき評価する
教材・参考文献・配布資料 国連のSustainable Developmental Goals (SDGs)のウエブサイト
授業外における学習方法 学内外における関連のシンポジウムやセミナーへの出席とレポート提
出により、加点する。
その他
開講情報
開講日
備考
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ