印刷

教育

大学院共通科目

キャリアマネジメント 科目群 (0A004**)

脳の多様性とセルフマネジメント

科目番号 0A00407
授業科目名(和文) 脳の多様性とセルフマネジメント
授業科目名(英文) Neuro Diversity and Self-Management
授業形態 講義・演習
標準履修年次 1-5
開設学期 秋学期・集中
曜時限 11月1日(日)10時00分〜17時30分 11月8日(日)10時00分〜17時30分
教室
単位数 1
担当教員
教員名 佐々木 銀河、野呂 文行(人間系)、岩本友規(非常勤講師)
所属 人間系
学務担当 人間総合科学研究群 障害科学学位プログラム
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
教育目標との関連 修士レベル
 知の活用力・マネジメント能力、コミュニケーション能力、チー
ムワーク力
博士レベル
 知の創成力・マネジメント能力、コミュニケーション能力
授業の到達目標 1)脳の多様性(ニューロダイバーシティ)、発達障害を理解する
2)自身の特性について説明できるようになる
3)自身の特性に合ったセルフマネジメント方法について説明でき
るようになる
4)多様な特性のある学生同士をお互いに尊重してコミュニケーシ
ョンをすることができる
5)多様な特性を組み合わせて、チームの強みを活かしたプロジェ
クトを立案できる
授業概要 本科目では、本学大学院生が産業界や地域社会で自身の能力を十分
に発揮できるよう、自己および他者における脳の多様性を適切に理
解することを通して、自身の特性に合ったセルフマネジメントスキ
ルおよび多様な特性のある学生同士のコミュニケーションスキルを
身に付けることを目標とする。
まず、発達障害から定型発達の連続体として捉えられる「脳の多様
性(ニューロダイバーシティ)」について概説し、自身にはどのよ
うな特性があるかを客観視するワークを行う。加えて、学業や日常
生活において有効なセルフマネジメントテクニックやツールを紹介
することで、自身の特性に合ったマネジメント方法を身につける
また、社会で活躍する発達障害当事者とともに、自己および他者に
おける脳の多様性を深く理解するための話題を提供する。話題提供
を踏まえて、1日目後半から2日目にかけて、多様な特性のある受
講生同士がグループを組み、自身の強みを活かし、他者の弱みを補
い合いながら、社会に役立つ事業・商品・プロジェクトを考えるア
イデアソンを行う。
キーワード 脳の多様性、発達障害、セルフマネジメント
授業計画 Microsoft Teamsを用いてオンライン(同時双方向型)で基本的
に実施する。
本授業ではグループワークを中心に行うため、講義部分について
は事前にMicrosoft Streamによる動画配信を行うので、視聴す
ること。資料はmanabaにて配布する。グループワークも原則的に
Teamsで実施する予定であるが、各グループで必要のある場合は
対面での実施を組み合わせることもある(希望がない場合は行わ
ない)。詳細については授業中に説明する。グループワークを行
うため、事前に受講生自身がどのような受講環境であれば学びや
すいかを考えておくことが良い。グループ活動が苦手な場合は事
前に相談することで受講しやすい環境調整にも対応する。

<事前の動画視聴>
履修登録者に対して、下記の講義部分をMicrosoft Streamで授
業1ヶ月前を目安に配信する
(1) 発達障害と脳の多様性
(2) 弱みを補うセルフマネジメント・テクニック
(3) 発達障害当事者からの体験談

<1日目>10時00分〜17時30分
講義内容の振り返り・質疑応答、自分の強み・弱み・弱みの対
処法を確認するためのグループワーク、各グループによる自分の
強みを活かし、他者の弱みを補いながら社会に役立つアイデアを
創出する凸凹(でこぼこ)アイデアソン

<2日目>10時00分〜17時30分
各グループによる自分の強みを活かし、他者の弱みを補いなが
ら社会に役立つアイデアを創出する凸凹(でこぼこ)アイデアソ
ン、アイデアプレゼンテーション
履修条件 特になし(学群学生の聴講も歓迎する)
聴講による参加希望の学生は下記の連絡先まで事前に申し出るこ
と。ただし、聴講希望者は原則的に2日間の日程全てに参加するこ
とを前提とする。
(連絡先)佐々木 銀河 sgalaxy#@#human.tsukuba.ac.jp
※#@#を変換してください。
成績評価方法 ①評価方法:リアクションペーパー、レポート課題、プレゼンテー
ション評価(manabaにて提出・評価)
②割合:リアクションペーパー(40%)、レポート課題(40%)、プ
レゼンテーション評価(20%)③評価基準:3つの成績評価方法を
用いて、下記2点の基準で成績を評価します。(1)自身の特性
(強み・弱み・弱みへの対処法)を他者が理解できる程度に的確に説
明できること、(2)誰かの弱み(凹)を解決するために、自分や他
者の持っている強み(凸)を積極的に発見してチームプロジェクトに
反映すること
教材・参考文献・配布資料 【参考文献】授業外の学修に活用してください
スティーブ・シルバーマン著(2017)自閉症の世界 多様性に満ち
た内面の真実.講談社.
キャロル・ウォーダマン著(2017)イラストで学ぶスタディスキル
図鑑:自ら学習する力をつける.創元社.
授業外における学習方法 講義(30%)、演習(70%)
1日目にリアクションペーパー、2日目にレポート課題の提出を
求める。また、2日目にはチームでのグループ活動の結果につい
てプレゼンテーションを行う。この授業の効果的な学習には自身
の特性(強み・弱み)の洞察が不可欠であり、受講前・受講中に
おける自身の特性の振り返りを行うこと。また、これまでの日々
の学業・生活における自身の特性と対処に関する内省が本授業の
学修において重要となる。
その他 この授業では筑波大学における多様な専門の大学院生が協働して、
自らの強みを生かし、誰かの弱みを補うための新事業・商品・プロ
ジェクトを考える授業です。他の専門の大学院生と交流することに
関心のある学生には良い機会になると思います。

グループワークの参加にあたり、心配なことや配慮を要する学生
は、お知らせください。多様な形態での参加方法を検討します。グ
ループワークにおいては、Teamsの他に、適宜slack等の補助ツール
を使用します。

発達障害の有無にかかわらず、全ての学生において自身の特性をよ
り良く知り、自己対処法を見つけることはスキルアップや社会参加
の重要な要素となります。
本科目受講後に学生の希望により、DACセンターで行う個別アセス
メントを受けることも可能です。

アイデアソンで高い評価を受けたチームには生み出したアイデアを
具現化するチャンスを提供する予定です。詳細は授業中に説明しま
開講情報 脳の多様性とセルフマネジメント2020pdf
開講日 2020年 11月 01日   10時00分 ~ 17時30分
2020年 11月 08日   10時00分 ~ 17時30分
備考
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ