印刷

教育

大学院共通科目

国際性養成 科目群 -国際的に活躍する能力の向上-

環境ディプロマティックリーダー特講I

科目番号 01ZZ406
授業科目名(和文) 環境ディプロマティックリーダー特講I
授業科目名(英文) Special Lecture on Environmental Diplomatic Leader I
授業形態 講義(英語) Lecture(English)
標準履修年次 大学院博士前期・後期課程
開設学期 2~3
曜時限 (2012)9/27, 11/15, 12/14, (2013)1/18(仮), 2/1
教室 広報する。
単位数 1
担当教員
教員名 若杉 なおみ、辻村 真貴、孫 暁剛、村上 理映、佐藤 洋、平林 国彦、伊藤 裕理、丸山 康樹(Naomi Wakasugi, Maki Tsujimura, Xiaogang Sun, Rie Murakami, Hiroshi Sato, Kunihiko Hirabayashi, Yuri Ito, Yasuki Maruyama)
所属
学務担当 生命環境科学研究科
主実施組織 環境ディプロマティックリーダープログラム
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー
研究室 EDL特任教員室A306-1
電話番号 8857/[E-mail:nwakasu@envr.tsukuba.ac.jp]
E-mail
教育目標との関連 本講義は国際的に活躍できる人材育成を目的とする。
授業の到達目標 地球規模で人類が抱えている生命と環境に関連する諸課題の解明と解決のために活躍する将来の「環境リーダー」が備えることが期待される知識や総合的能力の獲得を目的とする。The objective of EDLspecial lecture is to train and develop Environmental Leaders who will play an active role in clarifying and resolving various global issues related to life and environment.
授業概要 環境ディプロマティックリーダー育成プログラムは、現在、地球規模で人類が抱えている生命と環境に関連する諸課題の解明と解決のために活躍する「環境リーダー」を育成することを目的としている。そのためには自然科学と社会科学の両者からこれまで得られた知見や成果を十分に学ぶと同時に、現場での変革を牽引できるようなリーダーシップを身につけることが必要であり、文理融合、Multidisciplinaryな人間の育成が求められる。このような目的のために、生命環境分野でのリーダー的存在の方々のリアリティのある話に耳を傾け、議論していくような場を設けることとした。2-3学期にわたり、国内外から以下の5人の方を講師におよびして実施する。
The objective of EDL(Environmental Diplomatic Leader Program) is to train and develop Environmental Leaders who will play an active role in order to clarify and resolve various global issues related to life and environment. The students are required to acquire sufficient knowledge and outcome of both natural and social sciences relevant to Environment. At the same time they are expected to grow up as a leader in future leading people and society to the change and to the innovation on the ground. Not a simple specialist in a narrow specialty but a person with multidisciplinary thinking and comprehensive activity in addition could be desirable. For this purpose, this special lectures aim to meet and listen the actual leaders playing an important role in the area of Environment and Life. We invite five visiting lecturers as follows.
キーワード 環境リーダー
Environmental Leader
授業計画 1. 丸山康樹  電力中央研究所主席研究員・東大生産技術研客員教授 
「地球温暖化問題:緩和と適応」 2012年9月27日

2.伊藤裕理 日立製作所
「環境と企業-日立グループの環境問題への取り組み」2012年11月15日

3. Sarantuyaa Zandaryaa, PhD
Programme Specialist (urban water management and water quality) Division of Water Sciences - International Hydrological Programme Natural Sciences Sector UNESCO
「Water in an Urbanized World: Responding to Present and Future Challenges」2012年12月14日(当初10月25日の予定が変更になっていま
す)

4.古知 新
元WHO 世界マラリア対策部長 (Director, Global Malaria Program, WHO)、東京大学国際保健計画学 客員教授
「マラリアと環境 -世界のマラリアの現状と対策ー」(仮題)
2013年1月18日 (仮)

            
5. 平林国彦 UNICEF日本代表
「世界の環境と子どもの健康」(仮題)2013年2月1日

1st 2012/9/27
Koki Maruyama (Principal Researcher for the Central Research Institute of Electric Power Industry and Visiting professor of Tokyo
University)

2nd 2012/11/15
Yuri Ito (Hitachi, Ltd.)

3rd 2012/12/14
Sarantuyaa Zandaryaa(UNESCO)
Programme Specialist (urban water management and water quality) Division of Water Sciences - International Hydrological Programme Natural Sciences Sector UNESCO (This lecture has been rescheduled from Oct. 25 to Dec. 14)

4th 2013/1/18 (tentative)
Dr. Arata Kochi
The former director of the World Health Organization's malaria program

5th 2013/2/1
Kunihiko Hirabayashi (Representative, UNICEF Tokyo office)
履修条件
成績評価方法 全5回の講義への出席、質疑、レポート内容を総合的に評価する。
Attendance of lectures, discussion in the lecture and the quality of reports will be considered.
教材・参考文献・配布資料 適宜指示する。
授業外における学習方法
その他
開講情報 ポスターpdf
ポスター11/15pdf
ポスター12/14pdf
ポスター1/18pdf
ポスター2/1pdf
開講日 2012年 09月 27日 2012年 11月 15日 2012年 12月 14日 2013年 01月 18日 2013年 02月 01日
備考
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ