印刷

教育

大学院共通科目

キャリアマネジメント 科目群 -産業界や地域社会へ飛び立つ豊かな力の向上-

勇者の鼓動-未来を創るスポーツ王国論Ⅰ

科目番号 01ZZ507
授業科目名(和文) 勇者の鼓動-未来を創るスポーツ王国論Ⅰ
授業科目名(英文) The heartbeat of heroes-Imagine the sports nation for the future I
授業形態 講義
標準履修年次 特になし
開設学期 1学期
曜時限 月曜1・2限
教室 5C213
単位数 2
担当教員
教員名 松田 裕雄
所属 体育系
学務担当 人間総合科学研究科
主実施組織 人間総合科学研究科
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 火曜日14時~
研究室 B313
電話番号
E-mail
教育目標との関連 新たな価値創造の基礎となる起業家的精神、や学際的思考からスポーツを捉えていく発想力の涵養を狙いとすることでキャリアマネジメント能力の向上に資する
授業の到達目標 1.Sports for All , All for Sports ! スポーツの普遍的価値を理解し、スポーツを通じた発想力を豊かにすること。
2.スポーツでビジネスサマリー(簡易的な事業提案)を策定できるようになること。
3.自身のキャリアデザインに更なる広がりを創り、心的且つ知的に、より豊かなキャリアマネジメント能力を身につけていくこと。
授業概要 Good Sports! Good Future!-良きスポーツの価値で良き未来の創造へ!
スポーツで新しい価値を創造し、スポーツ・ビジネスのプロフェッショナルとして活躍している勇者達(プロ選手・GM・CEO等)が毎回降臨する!彼らのスポーツマンシップ溢れる逞しい起業家的精神に触れ、スポーツの価値や魅力とは何か、スポーツで起業・事業化するとは何か、日本はどんなスポーツ王国になれるのか?日本の新成長分野にスポーツがあることを知り、その未来像を自らの中に描くことができれば幸いである!最後はビジネス・サマリーを作成することになる。
キーワード スポーツの価値 スポーツマンシップ マネジメント3.0 Sports for all , All for sports
授業計画 1学期
①・②オリエンテーション・「子どもにスポーツをさせる必要はあるか?」、これまでのスポーツの価値について-競技性、文化・大衆性、競技性、立国性からのアプローチ
③~⑩ 勇者との対話
⑪日本スポーツとマネジメント能力-ルーツから探る未来への可能性
履修条件 特になし。分野、年齢等は一切問いません。
成績評価方法 ①評価方法
 講義前後に勇者に出す「メッセージレポート」、「発表・質問等発言」、「最終レポート」とする。尚出席状況や授業マナーは欠格条件とし、幼・小~大で学習してきた一般的マナーの遵守を最低ラインとする。
②割合
 メッセージレポート(40%)、発言(30%)、最終レポート(30%)
③評価基準
 授業内容への理解、自らの見解への明朗快活さ、独創性 以上三点を評価三種の神器とする!
教材・参考文献・配布資料 参考文献
『国家の品格』藤原正彦著  『子どもにスポーツをさせるな』小林信也著
『スポーツマンシップについて考える』広瀬一郎著
授業外における学習方法 来場される勇者達への事前準備を全力で整え、一期一会、邂逅の心で接すること!これは勇者に対するマナーであるだけでなく、この授業を選択した自らの意志を大事にすることでもある!!
その他
開講情報
開講日 2012年 04月 16日 ~ 2012年 04月 23日 毎週月曜日    8時40分 ~ 11時25分
2012年 05月 07日 ~ 2012年 06月 25日 毎週月曜日    8時40分 ~ 11時25分
備考 1学期 月1・2(1st semester Mon 1st&2nd prd)
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ