印刷

教育

大学院共通科目

キャリアマネジメント 科目群 -産業界や地域社会へ飛び立つ豊かな力の向上-

世界に挑む産業界・官界トップリーダーによる連続リレー講義:日本の未来創生ーⅢ(日本の未来設計(2)〔世界・グローバル〕)

科目番号 01ZZ512
授業科目名(和文) 世界に挑む産業界・官界トップリーダーによる連続リレー講義:日本の未来創生ーⅢ(日本の未来設計(2)〔世界・グローバル〕)
授業科目名(英文) Creating the future of Japan III - Learn from Leading Industry and Government Experts (Japan's future design(2) global agenda)
授業形態 講義
標準履修年次
開設学期 3学期
曜時限 集中(土曜) 13:30~(第1回は13:00~)  講義日は「授業計画のとおり」
教室 春日講堂(春日エリア)
単位数 1
担当教員
教員名 JAPIC講師陣、世話人教員:五十嵐浩也
所属 芸術系
学務担当 システム情報工学研究科
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
教育目標との関連
授業の到達目標 日本の未来設計のうち世界に関連する課題につき理解する。
授業概要 冷戦終結から20年。世界の構図は、かつての東西対立から多極化を経て無極化の時代へ大きく変化。新興国は経済力を増し、もはやアジア、環太平洋地域の成長抜きに世界経済を語ることはできません。
このような時代潮流の中、日本は何を目指し、何を考え、どこへ向かっていくべきなのか。そして国内、国外に向けて何を為すべきなのか。今こそ斬新な構想力とそれを実現する力が求められています。
将来を考え、未来をみつめ、未来を創り出していく力が、今こそ不可欠です。
本年度は「未来創生」をテーマに、産業界、官界、政界、自治体首長等のトップリーダーが、近未来のあり方を考え、創り出すために必要な情報や知識を語り、皆さんと共に考えます。まさに「これから」を中核として担う若い世代が、リードし広く世界に羽ばたくための連続リレー講義を行います。
キーワード 未来創生 日本の未来設計
授業計画 12月 8日 高藪 裕三((社)日本プロジェクト産業協議会)、平野 英治(トヨタファイナンシャルサービス(株))、葛目 薫(丸紅(株))
12月22日 青田 教子((社)日本プロジェクト産業協議会)、山崎 亜也(住友商事(株))
1月26日 木寺 昌人(外務省)、 佐藤 博恒(新日本製鐵(株))、小池 英夫(日本放送協会)
2月 2日 石井 伸一((株)野村総合研究所)、吉田 芳之(日本郵船(株))
2月16日 伊藤 禎則(経済産業省)、石川 博紳(三井物産(株))
3月 2日 期末試験
履修条件 第1回授業日の13:00から行うオリエンテーションに必ず出席すること。
成績評価方法 出席及び期末試験の結果により評価する。なお、期末試験の方法等はオリエンテーションにおいて説明する。
教材・参考文献・配布資料
授業外における学習方法 各講義で紹介する
その他
開講情報
開講日 2012年 12月 08日   13時00分 ~ 16時30分
2012年 12月 22日   13時30分 ~ 16時30分
2013年 01月 26日   13時30分 ~ 16時30分
2013年 02月 02日   13時30分 ~ 16時30分
2013年 02月 16日   13時30分 ~ 16時30分
備考 期末試験(Final eam)3月2日(土)13:30~ 教室等は後日周知
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ