印刷

教育

大学院共通科目

知的基盤形成 科目群 -自らの研究分野以外の幅広い知識・教養の涵養-

現代社会と科学リテラシー

科目番号 01ZZ620
授業科目名(和文) 現代社会と科学リテラシー
授業科目名(英文)
授業形態 講義(50%)と演習(50%)
標準履修年次
開設学期 3
曜時限 集中
教室 3L棟206教室
単位数
担当教員
教員名 掛谷 英紀
所属 システム情報系
学務担当 システム情報エリア支援室
主実施組織 システム情報工学研究科
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 随時(メール[kake@iit.tsukuba.ac.jp]でアポイントをとること)
研究室 3M205
電話番号 ext. 5255
E-mail
教育目標との関連 「幅広く深い学識のもと広い視野で物事を考える力」に関わる。
授業の到達目標 現代社会における科学技術に関連するニュースを、科学の基本法則の観点から理解する能力をつける。
授業概要 エネルギー問題に代表されるように、現代社会における問題の多くは科学技術と深い関わりを持つ。しかしながら、現実には科学に関する基本知識を無視した社会的意思決定が行われることも多い。本講義では、高校までで習う数学や理科の知識をベースに、現代社会を読み解く上で必要な科学リテラシーについて、具体的事例をベースに詳論する。
キーワード 科学、技術、理科、数学、統計
授業計画  1.科学と似非科学の境界
 2.高校の理科で読み解くエネルギー問題
 3.科学技術をめぐる安全とリスク
    ~人々に知られていない技術の貢献~
 4.自然科学と社会科学の共通点と相違点
 5.算数で読み解く経済・社会現象
 6.恣意的統計の見破り方
履修条件 なし
成績評価方法 授業中に課す討論と演習問題、およびレポートにより評価を行う。
教材・参考文献・配布資料 講義中に適宜配布、指定する。
授業外における学習方法 レポート作成。
その他
開講情報 ポスターpdf
開講日 2012年 12月 21日   18時00分 ~ 20時35分
2012年 12月 25日   18時00分 ~ 20時35分
2012年 12月 26日   18時00分 ~ 20時35分
2012年 12月 27日   10時10分 ~ 16時30分
備考
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ