印刷

教育

大学院共通科目

キャリアマネジメント 科目群 -産業界や地域社会へ飛び立つ豊かな力の向上-

「仕事と生活」と男女共同参画 Ⅱ ―WLB(ワーク・ライフ・バランス)を軸に未来予想図を描こう

科目番号 01ZZ520
授業科目名(和文) 「仕事と生活」と男女共同参画 Ⅱ ―WLB(ワーク・ライフ・バランス)を軸に未来予想図を描こう
授業科目名(英文) Work and Life in a Gender Equal Society II - Work Life Balance and Career Planning
授業形態 講義・議論
標準履修年次
開設学期
曜時限 集中 (11月26日、27日)
教室 総合研究棟A棟 111ゼミ室
単位数
担当教員
教員名 幅崎 麻紀子
所属 ダイバーシティ推進室
学務担当 ダイバーシティ推進室
主実施組織 ダイバーシティ推進室
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 特に定めないが事前連絡要
研究室 ダイバーシティ推進室(本部棟・低層棟3階)
電話番号 ext.8507
E-mail habazaki.makiko.fp@un.tsukuba.ac.jp
教育目標との関連 「男女共同参画」に関連する
授業の到達目標 ダイバーシティ・男女共同参画が社会理念になった歴史的社会的経済的背景についての理解を深め、仕事と家事・育児・介護等の家庭の役割を両立し、活き活きと生活するためにはどうしたらよいのか、ワーク・ライフ・バランスの視野から、自らの将来設計を組み立て、見直し、その将来設計を実現していくための基礎力・応用力を身につけることを到達目標とする。
授業概要 産業構造が急速に変化し、人々の生活文化、家族のあり方や社会が変容する中、どのような問題が生じているのか。個人や個人をとりまく人間関係、組織や地域社会でどのような問題が生じているか。その解明と解決に向けて、ダイバーシティの視点を用いながら現代の社会現象を理解していくと共に、自らの将来設計を組み立てていく上で、これらの問題にどのように対処していくべきかを考察する。その上で、自らの将来設計を組み立て、問題に直面した際の解決方法(リスクマネジメント)の方法を探る。
講義には、企業のダイバーシティ推進の最前線で活躍する先生をゲストスピーカーとしてお招きし、経営戦略としてのダイバーシティマネジメントと働く側の心構え等についての講話をお聞きしながら、実社会で取り入れられているダイバーシティを学ぶ。そして、仕事や家庭、地域生活において、自分らしい多様な生き方を実践できるよう、政府、企業、市民社会、国際社会の動向を題材に、グループで意見交換を行う。更に、「マインドマップ」手法を学びながら、ダイバーシティの理念に基づいたライフプランを組み立てる。
キーワード 男女共同参画 ワーク・ライフ・バランス ダイバーシティ 将来設計 マインドマップ
授業計画 2日間の集中講義とする。
・「男女共同参画社会、ワーク・ライフ・バランス、ダイバーシティ」とは何か。その歴史的社会的経済的背景を探る。
・企業におけるダイバーシティとワーク・ライフ・バランス
・地域社会(NPO活動等)、家庭生活(家事、育児、介護等)とワークライフバランス
・格差問題(働き方、賃金、雇用)
・人生におけるリスクマネジメント
・マインドマップを学ぶ
・マインドマップを活用して将来設計を組み立てる
履修条件 特になし
成績評価方法 ・評価方法:討論への参加状況、課題に応じたプレゼンテーション、講義中に行う小レポート等に基づいて評価する。
・評価基準:自分の考えを深く掘り下げ、整理し、周囲の人々に伝わるよう、わかりやすく、丁寧にまとめられているかどうか等を評価の基準とする。
教材・参考文献・配布資料 教科書は特に定めず、当日配布する。
授業外における学習方法 ・講義で取り上げられた事例や問題の中から、興味や関心を持った内容について、関連知識・情報を収集し、積極的にグループワークに参加して下さい。
・講義に関わる内容について自主的に提出したレポートについては、その質と量に応じ、評価の際に考慮します。
・ダイバーシティ推進室で企画する各種事業への参加も、授業外の学習として認めます。
その他
開講情報 ポスターpdf
開講日 2012年 11月 26日   10時00分 ~ 17時00分
2012年 11月 27日   10時00分 ~ 17時00分
備考
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ