印刷

キャンパスライフ

学生のための組織と課外活動
クラス制度,学生担当教員制度,公的学生組織

写真

筑波大学には,全学的立場から学生生活を支える教員と職員の組織が設置されています。学生に対する指導・助言の場と学生からの意向反映の場を異なる三つのレベル

クラス / 学類・専門学群 / 全学

にそれぞれ設置することで,柔軟で深い教育を実践しています。
また,課外活動あるいは学内行事においても,その主体が学生にあることを意識し,学生による実行を公的に許可し,これを大学が支援する制度を設置しています。

クラス制度

本学において,学生が構成員となるもっとも身近な組織がクラスです.クラスは,フレッシュマンセミナー,外国語,体育,情 報処理等を受講するための単位であるだけでなく,進路,学習,生活等の指導上の単位でもあります。各クラスにはクラス担任教員が配置され,教育活動および 学生生活に関する諸事項を伝えるとともに,学生からの相談を受けています。

学生生活を支援する教員組織

筑波大学では,快適な学生生活をすごせるように学生のための環境を整備し,学生生活に関するサービスを提供するための教員組織を設置しています。

  • クラスレベル:クラス担任教員
  • 学類・専門学群レベル:学類・専門学群学生委員会
  • 全学レベル:学生生活支援室

いずれのレベルにおいても学生組織と教員の組織は密接に関わりあい,学生生活における様々な問題に対処し,解決していきます。また,各レベルにおいて集められた学生の意見・要求は,意向として懇談会等を通じて学長・副学長へと伝えられます。

学生担当教員制度

学生生活に関わる諸問題を各学類・専門学群の枠組を超えて全学的視野に立って対処する組織が学生担当教員制度です。全ての学生担当教員は,学生担当教員会議において学生生活指導に関する諸問題を全学的立場から討論し,共通の理解のもとに学生生活指導等にあたります。


学生生活を支えるシステム:クラス制度・学生組織・学生担当教員制度の関連図

公的学生組織

本学には,クラスを基礎母体として,学類・専門学群,そして全学へと,より大きなレベルでの学生組織が設置されています。下位組織から選出された代表が,上位組織を構成する公的学生組織には,次の三つがあります。

クラスレベル:クラス会議
学類・専門学群レベル:クラス代表者会議
全学レベル:全学学類・専門学群代表者会議

学類・専門学群および全学レベルには,公的学生組織に対応する教員の組織があり,

学類・専門学群レベル:クラス連絡会
全学レベル:副学長等との懇談会

等の会合が持たれます。これら連絡会,懇談会は,学生と教員の意思疎通の場であるだけでなく,大学の意思形成過程における学生の意向反映の場でもあります。

関連リンク

公的学生組織の最上位に位置するのが,全学学類・専門学群代表者会議(全代会)です。全代会には,運営,教育課程,学内行事,厚生,課外活動,広報の専門 委員会があり,学生の意見や主張を反映させるためにアンケート,公聴会を開催しています。この過程で集約された学生の意向は,懇談会を通じて副学長に伝えられます。

このページのトップへ