印刷

教育

大学院共通科目

生命・環境・研究倫理 科目群 (0A001**)

企業と技術者の倫理

科目番号 0A00105
授業科目名(和文) 企業と技術者の倫理
授業科目名(英文) Ethics for Engineers in Business
授業形態 講義・演習
標準履修年次 1-5
開設学期 春Cモジュール・集中
曜時限 7/13 6限, 7/17 6~8限, 7/20 6~8限, 7/24 6~8限
教室 更新 オンライン(同時双方向型)
単位数 1
担当教員
教員名 掛谷 英紀
所属 システム情報系
学務担当
主実施組織 システム情報工学研究科
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 随時(メール[kake@iit.tsukuba.ac.jp]でアポイントをとること)
研究室 研究室 3M406
電話番号
E-mail kake@iit.tsukuba.ac.jp
教育目標との関連 修士レベル
 知の活用力・マネジメント能力
博士レベル
 知の創成力・マネジメント能力
授業の到達目標 ・立場の違いによって、様々な考え方がありうることを常に意識で
きるようになる。
・回りの意見に流されず、自分自身の頭で考えて判断する力を身に
つける。
・時代背景・社会環境を踏まえた上で、自分の価値観を他者の理解
を得られるような形で主張できるようになる。
授業概要 多くの技術者は企業に属し、その中で社会とビジネス的な関わりを持
ちながら仕事を行っている。本講義では、具体的事例や現場の声を取
り上げながら、企業における技術者の倫理について議論する。
キーワード 企業倫理、技術者倫理
授業計画 講義はZoomによるテレビ会議にて実施する。
1日目 6限 ガイダンス、宿題の提示
2日目 6~8限 課題1、2に関する議論
3日目 6~8限 課題3,4に関する議論
4日目 6~8限 課題5,6に関する議論

課題1 東日本大震災の成功事例
課題2 女川原発の津波対策
課題3 スカイツリーの耐震対策
課題4 非常事態のビジネス継続プラン
課題5 利便と安全のトレードオフ
課題6 技術とコミュニケーション
履修条件 受講者が10名を大きく超える場合は抽選を行う。
成績評価方法 ①評価方法 レポート、演習(グループディスカッション)
②割合 レポート100%
③評価基準 自力で考えた痕跡が多くあるレポートを高く評価する。
教材・参考文献・配布資料 APRIN事例集教材を配布する
授業外における学習方法 講義(10%)、演習(90%)
レポート作成、演習(グループディスカッション)の準備
その他 01ZZ102を履修済みの者は履修できない。
開講情報
開講日 更新 2020年 07月 13日 2020年 07月 17日 2020年 07月 20日 2020年 07月 24日
備考
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ