印刷

教育

大学院共通科目

生命・環境・研究倫理 科目群 (0A001**)

研究倫理

科目番号 0A00103
授業科目名(和文) 研究倫理
授業科目名(英文) Introduction to Academic Integrity
授業形態 講義・演習
標準履修年次 特になし
開設学期 春BCモジュール 随時
曜時限 6月27日から8月8日
教室 更新 オンライン(オンデマンド型)
単位数
担当教員
教員名 岡林 浩嗣、大須賀 壮(非常勤講師:独立行政法人 理化学研究所)
所属 生存ダイナミクス研究センター(TARA)
学務担当 生命環境科学研究科
主実施組織 生命環境科学研究科
TF・TA
オフィスアワー等
教育目標との関連 「高い倫理性」の涵養に資する。
授業の到達目標 1.責任ある研究行為をめざすことの意義を理解する。
2.誠実性/研究不正/研究倫理に対するセンスを体得する(感じ取る)。
3.道徳的想像力と道徳的判断力の必要性について理解する。
授業概要 研究活動に従事する上で踏まえるべき研究倫理の基礎を、具体的事
例を交えて講義する。研究不正(FFP)、研究費の不正使用、その
他のコンプライアンスなどを取り上げる。また、これらを理解する
ための前提となる、科学技術政策、研究助成のしくみ、申請や審査
のしくみなどについても触れる。
なお、本講義が扱う研究倫理は分野横断的な入門であり、各分野の
ルールや慣習については、それぞれの研究科、専攻等で学修するこ
と。
キーワード 研究不正、研究ノート、研究倫理、責任ある研究、道徳的想像力、志向倫理
授業計画 Web経由での授業ムービー視聴(スライドの説明の視聴)を中心とする集中講義として実施する。講義は3回(各2週間ずつ)にわたって開催され、各回で新しく公開される講義の視聴と課題への取組を通じ、研究公正(Research Integrity)について理解を深める。
なお、以下の内容は変更することがあります。

●第1日(1週目・14日間の公開中にオンデマンド受講):
・授業開始にあたっての注意事項(ムービー視聴)
・アンケート1への回答(manabaを利用)
・課題1の提出(manabaを利用)

●第2日(2週目・14日間の公開中にオンデマンド受講)
・研究倫理と研究公正の基本(ムービー視聴)
→ 研究倫理の概念/用語/規程
→ 研究倫理の歴史的経緯/問題行動の考え方 等
・研究ノート(研究の記録)について(ムービー視聴)
・課題2の提出(manabaを利用)
・課題3の提出(manabaを利用)

●第3日(3週目・14日間の公開中にオンデマンド受講)
・研究不正への具体的対策とルール(ムービー視聴)
→ 研究コンプライアンスに関連するルール
→ 研究不正事例からの学び 等
・課題4(最終レポート)の提出(manabaのレポートを利用)
(なお、希望者に対して補講を行う場合がある。)
履修条件 特になし(文系も歓迎)
成績評価方法 ①評価方法 講義視聴と課題提出の状況を総合的に判断する。
②割合 出席(期限内の視聴の状況30%)、課題の提出と内容(40%)、最終レポート(課題4)(30%)
③評価基準 期限内に講義を視聴し、課題に着実に取組んでいること、これらを通じて、研究活動に伴う倫理的課題を自覚できるようになること、最終レポート(課題4)の内容が到達目標に照らして十分であること、を評価する。
教材・参考文献・配布資料 講義の際にmanaba上で資料配付、参考文献提示を行う。
授業外における学習方法 課題に取り組み、必要に応じて自ら関連する事項を自由に学習すること。
その他
開講情報
開講日 更新 2020年 06月 27日 2020年 07月 11日 2020年 07月 25日
備考 詳細はmanabaの注意事項をご確認ください。
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ