印刷

教育

大学院共通科目

情報伝達力・コミュニケーション力養成 科目群 (0A002**)

Global Communication Skills Training

科目番号 0A00204
授業科目名(和文) Global Communication Skills Training
授業科目名(英文) Global Communication Skills Training
授業形態 Lectures and exercises 講義・演習
標準履修年次 1 - 5
開設学期 Fall B 秋B Intensive 集中
曜時限 更新 12月7日 9:30-17:00, 12月8日 9:30-17:00
教室 更新 5C108(対面授業)
単位数 1
担当教員
教員名 Prof. Koji Nomura (Faculty of Life and Environmental Sciences; Coordinator)野村 港二, Atsumi Shigematsu (Ex-Intel K.K.)重松 篤美
所属
学務担当
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
教育目標との関連 修士レベル
 知の活用力・マネジメント能力・コミュニケーション能力・チー
ムワーク力・国際性
博士レベル
 知の創成力・マネジメント能力・コミュニケーション能力・国際
授業の到達目標 ・自らの知識を柔軟に活用できるようになること
・英語を用いた会議等での効果的コミュニケーション、対話手法を
理解し用いることができるようになるこ
と                
・英語を用いたプレゼンテーション時の効果的手法を理解し用いる
ことができるようになること
・議論をしながらチームで協調して目的を達成できるようになるこ
授業概要 Precise communication with people having diverse
perspectives and personalities is the key to building
relationships, and success. Through practices of
communication, including effective listening, effective
presentation, assertive communication, we help you learn and
practice communication methods. You should be prepared to
have open and active class participation and require a
certain level of English skill.

 対面でのコミュニケーションのスタイルには、人それぞれに個性
があります。どのようなコミュニケーションスタイルを持つ相手と
も正確に情報を伝達しあうことが、信頼を得て成功するための鍵に
なります。この授業では、情報を効率よく受け取ったり、正確に話
すための練習を通して、コミュニケーション力を高めます。受講す
るためには、ある程度の英語力が必要です。また、受身ではなく発
言や議論を通して積極的に授業に参加することが求められます。
キーワード Communication, Active Listening, Constructive Confrontation,
Communication Styles, Assertive/Aggressive/Passive
Communication, Interpersonal Communication, Effective
Listening, Negotiations, Cross-Culture
授業計画 *Understand and practice key aspects of communication
skills.
Day 1: Communication Games – Lectures on Effective
Interpersonal Communication – Effective Listening – One-on-
One – Constructive Confrontation – THEORY and Practice via
the Games
Day 2: Communication Games – Morning Session: SKILLS in
Practice taking Examples from the Theory on Day 1 and
Student Individual Cases; Afternoon Session: Group Work and
Discussion on REQUIRED SKILLS, ISSUES, and PROBLEMS &
CHALLENGES - now and anticipated in the next job-new
position

Note – Expert Feedback and Advice from Instructors vast
personal and professional experiences

*Identify and work on one’s challenge areas
* Be better at interpersonal communication skills, no
matter who you are communicating to……
履修条件 TOEIC 500 and over
成績評価方法 ①評価方法:授業中の発言など積極参加の態度と、到達目標に沿っ
たレポートで評価する
②割合:授業への積極的参加70%、複数の小テスト30%
③評価基準:上述の評価方法、評価割合の合計で、満点の60%以上
をとること
教材・参考文献・配布資料 Lecture notes (important pointers) will be handed out.
授業外における学習方法 ・講義45%、演習55%の時間配分で授業を行う
・授業で学んだスキルを実際に活用すること
その他 Active participation in discussion is highly recommended.
Note - 25 students maximum for this course
Maximum 25 students are allowed to participate in the class.
開講情報 0A00204poster2020pdf
開講日 更新 2020年 12月 07日   9時30分 ~ 17時00分
2020年 12月 08日   9時30分 ~ 17時00分
備考
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ