印刷

教育

大学院共通科目

身心基盤形成 科目群 (0A006**)

絵画実習A

科目番号 0A00606
授業科目名(和文) 絵画実習A
授業科目名(英文) Painting Practice A
授業形態 実習
標準履修年次 1-5
開設学期 秋AB
曜時限 月4,5限目
教室 更新 5C303(対面授業)
単位数 1
担当教員
教員名 福満 正志郎
所属 芸術系
学務担当 人間総合科学研究科
主実施組織 人間総合科学研究科
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 火曜日11:30〜12:30
研究室
電話番号
E-mail
教育目標との関連 修士レベル
 知の活用力・マネジメント力
博士レベル
 知の創成力・マネジメント力
授業の到達目標 油絵具の取り扱いや技法について知り、基本的な造形理論を学び、一
枚の絵画作品を完成させることができるようになること
授業概要 全人的な教養教育として、知識のみならず、自分自身の「手仕事」
として「絵を描く」という体験は、作る楽しさや喜びを感じつつ、
まさに芸術的感性を磨くことが可能である。
 当科目は、芸術を楽しむ豊かな人間性を涵養するため、特に油絵
具を使用し、制作・実習をおこなうものである。
 様々なモチーフの写生などを通して、絵画表現に対する理解を深
め、造形感覚を養うことも目的とする。
キーワード 油絵、静物画
授業計画 毎回の授業の冒頭に実習するにあたってのポイントを説明する。そ
れに従って、受講生それぞれが作品の制作に取り掛かる。制作の進
行状況を見て適宜、それぞれの受講生にアドバイスをする。

第1回 油絵の用具や材料の取り扱いについて
第2回 下描きをおこなう
第3回 画面構成について
第4回 明度、彩度、色相の理解
第5回 形態について
第6回 対象の量感の把握
第7回 対象の質感の把握
第8回 透明色をグレーズする
第9回 画面全体の雰囲気について
第10回 講評会をおこない、自作を客観視する  
履修条件 特になし
成績評価方法 授業時の制作の進行状況や提出された完成作品による。
(進行状況40%、完成作品60%)
教材・参考文献・配布資料 特になし
授業外における学習方法 授業外でも制作に取り組めるように適宜実習室を開放する。
その他 特になし
開講情報
開講日
備考
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ