印刷

教育

大学院共通科目

生命・環境・研究倫理 科目群 -国際ルールに基づく倫理観の向上-

生命倫理学

科目番号 01ZZ106
授業科目名(和文) 生命倫理学
授業科目名(英文) Bioethics in medical research and practice
授業形態 講義
標準履修年次 特になし
開設学期 2
曜時限 金曜日6限
教室 医学地区臨床講義室Bおよび臨床講義室C (ポスターをご覧ください)
単位数 1
担当教員
教員名 有波 忠雄、柳 久子、八神 健一、濱田 洋実、木澤 義之、福永 潔、高崎 真美、我妻 ゆき子、金子 新(非)
所属 医学医療系
学務担当 人間総合科学研究科
主実施組織 人間総合科学研究科
TF・TA
TF なし
TA 未定
オフィスアワー等
オフィスアワー メール[tarinami@md.tsukuba.ac.jp]で連絡(有波忠雄)
研究室
電話番号
E-mail
教育目標との関連 医学研究、医療における倫理的問題点を理解し、研究者・高度専門職業人として求められる倫理のみならず、受益者としての倫理性についての考えを確立する。
授業の到達目標 遺伝子治療、臓器移植、人工臓器、生殖医療、遺伝子診療、薬物やその他の治療法の治験などの現代の医療や医学研究には、インフォームドコンセント、個人の尊厳やプライバシー、脳死判定やリスクマネージメント、治療停止の選択など生命倫理にかかわる多くの問題を含んでいる。現代医療が抱える生命倫理諸問題の基礎知識、基本的考え方を習得するとともに、実例により学ぶ。
授業概要 各テーマ・分野において、具体的な倫理的な問題の事例を挙げながら、専門家集団がとってきた対応、対策を理解する。専門家の立場、受益者の立場になって考え、その倫理性について受講者自身の考えを深める。
キーワード 医療倫理、生命倫理、研究倫理、臨床倫理、医の倫理、尊厳死、安楽死、緩和医療、生殖医療、移植医療、再生医学、介入試験、ヘルシンキ宣言、ベルモントレポート、生体実験、動物倫理
授業計画 1. 宗教/哲学と生命倫理
2. 動物実験の生命倫理
3. 生殖医療と生命倫理
4. 遺伝子診療と生命倫理
5. 遺伝子治療と生命倫理
6. 緩和医療と生命倫理
7. 臓器移植と生命倫理
8. 再生医学と生命倫理
9. 予防医学における生命倫理
10. 国際保健活動における生命倫理の問題
履修条件 特になし
成績評価方法 出席とレポート
教材・参考文献・配布資料 講義の際の資料配付、参考文献提示
授業外における学習方法
その他
開講情報 教室変更のお知らせpdf
開講日 2012年 09月 07日 ~ 2012年 09月 28日 毎週金曜日    16時45分 ~ 18時00分
2012年 10月 14日   16時45分 ~ 18時00分
2012年 10月 12日 ~ 2012年 11月 09日 毎週金曜日    16時45分 ~ 18時00分
備考 2学期 金6(2nd semesters Fri 6th prd)
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ