印刷

教育

大学院共通科目

研究マネジメント力養成 科目群 -自ら研究課題を発見し設定する力や自ら研究方法等を構築する力の向上-

知的所有権論

科目番号 01ZZ203
授業科目名(和文) 知的所有権論
授業科目名(英文) Intellectual Property Right
授業形態 講義
標準履修年次 大学院前期課程1年次
開設学期 2学期
曜時限 集中
教室 生物農林学系G棟(旧バイオシステム研究教育棟)501教室
単位数
担当教員
教員名 佐竹 隆顕、鈴木 伸夫(非)
所属 生命環境系
学務担当 生命環境科学研究科
主実施組織 生命環境科学研究科
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 金曜日 15:00~17:00
研究室 生物農林学系G408
電話番号 7273/[E-mail:satake@sakura.cc.tsukuba.ac.jp]
E-mail
教育目標との関連 本授業で得られる知識は研究マネジメント能力の一端として位置づけられる。
授業の到達目標 研究成果を特許明細書としてとりまとめ知的財産権として申請ができる基礎知識を得る
授業概要 研究者や技術者の基礎知識として必要な特許に関する総合的な情報を概説する。
キーワード 知的財産,特許制度,発明の把握,特許明細書,知的財産権の申請・取得
授業計画 以下の諸項目を概説する。1.知的財産とは 2.日本及び欧米の特許制度の概要 3.諸外国の特許法 4.日本の産業発達における特許制度の役割 5.特許制度の活用事例からみた技術開発と特許権取得の効力 6.事例による発明の把握 7.事例に基づく特許明細書の作成 8.知的財産権の申請・取得
履修条件 特になし
成績評価方法 ①評価方法 レポートの提出と講義への出席による
②割合  レポート 60%,出席率 40% 
③評価基準  2日間の講義に出席しない場合は単位の取得はできない。
教材・参考文献・配布資料 弁理士作成の資料を配布する。参考文献には1.産業財産権標準テキスト―特許編―,(社)発明協会 2.特許ハンドブック「研究開発活かそう社会に」,(社)発明協会 3.ビジネス活性化のための知的財産活用,(社)発明協会 他がある。
授業外における学習方法 特許に関する各種著作物,特許庁ホームページ等を参考とする。
数量限定で前記の参考文献を配布することもできる。
その他
開講情報 ポスターpdf
開講日 2012年 11月 29日   10時00分 ~ 18時00分
2012年 11月 30日   10時00分 ~ 18時00分
備考
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ