印刷

教育

大学院共通科目

身心基盤形成 科目群 -健やかな体、豊かな心、逞しい精神の自己修養力向上-

身体表現論-和太鼓の実践を通して-

科目番号 01ZZ708
授業科目名(和文) 身体表現論-和太鼓の実践を通して-
授業科目名(英文) Theory & Practice of Physical Performance through TAIKO Drumming
授業形態 集中講義
標準履修年次 1~2年次
開設学期 集中(7月)
曜時限 7月6日(金)~8日(日)
教室 大学会館講堂
単位数 1
担当教員
教員名 林英哲(非常勤)・松村和則・村田芳子
所属 体育系
学務担当 人間総合科学研究科
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 月曜日13:00~15:00
研究室 体育科学系B棟607
電話番号 6378/[E-mail:matumura@taiiku.tsukuba.ac.jp]
E-mail
教育目標との関連 日本文化を実践によって体得する。
授業の到達目標 2.5日の間に、和太鼓協奏曲を1曲打つことができるようになる。その実際の「打つ」ことの教授に加え、和太鼓の歴史等の講義により理解を深める
授業概要 太鼓を打つという行為を通して、自己表現、身体表現の可能性を広げ、音を通して他者と響きあう意味や、伝達の手段でもある太鼓の語法を学ぶ。現代社会の中で太鼓が獲得した新たな役割や、世界に受け入れられた「日本の太鼓」の意義、精神性について考察する。
キーワード 和太鼓、身体表現、精神性
授業計画 講義及び実践を行う。バチは各自で準備する必要がある。
●日午後は、その集大成としてミニ・演奏会を行い、実践の総まとめを行う。
●日は、講師及び他の和太鼓奏者によるミニ・演奏会に参加し、講演会の助力をする。
履修条件
成績評価方法 ①評価方法 全日程参加し、演奏会にも出演する。
②割合
③評価基準
教材・参考文献・配布資料 授業中に適宜配布する。
授業外における学習方法 体芸図書館に備えられている林英哲のDVDを参照しておくことが望ましい。
その他 太鼓のバチは有料となるので、2~3000円の用具代を負担しなくてはならない。
開講情報 ポスターpdf
実習成果発表会pdf
開講日 2012年 07月 06日   13時30分 ~ 18時00分
2012年 07月 07日   9時30分 ~ 18時00分
2012年 07月 08日   9時30分 ~ 16時30分
備考 開講情報は、ポスターを確認してください。

実習成果発表会のポスターを掲示しました!!

(注意!)履修申請者は準備の都合も有りますので、きちんと授業に出席してください。日程の都合でやむなく欠席する場合は、所属研究科の対応支援室大学院教務にて履修の取り下げの手続きをしてください。
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ