印刷

教育

大学院共通科目

身心基盤形成 科目群 -健やかな体、豊かな心、逞しい精神の自己修養力向上-

大学院生の心身の健康管理

科目番号 01ZZ710
授業科目名(和文) 大学院生の心身の健康管理
授業科目名(英文) Mental and physical health management
授業形態 講義
標準履修年次 1、2年次
開設学期 2学期
曜時限 金曜日6時限
教室 第一エリア(1B208)
単位数
担当教員
教員名 大塚 盛男、久賀 圭祐、杉江 征、堀 孝文、佐藤 純、金子 剛、太刀川 弘和、原 友紀、寺島 瞳、田附 あえか、石井 映美
所属 医学医療系
学務担当 人間総合科学研究科
主実施組織 保健管理センター
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 金曜日15~16時 
研究室 保健管理センター医師室
電話番号 内線2412/[E-mail:m-otsuka@md.otsuka.tsukuba.ac.jp]
E-mail
教育目標との関連 教育目標の関連の欄は、大学院共通科目パンフレットにある学長、副学長、委員長の記載事項を目標[仮]として記述する。
授業の到達目標 大学院等における学生生活において生じる可能性のある種々の心や身体の健康障害について学び、自身のメンタル及びフィジカルヘルスについて考察することにより、現在生じている或いは将来生じる可能性のある健康障害に対する対策や予防について考えることができるようになる。
授業概要 多忙でストレスの多い生活、運動不足や栄養バランスの偏った生活を過ごすことにより様々な心や身体の健康障害が生じる可能性がある。このような生活を送っている人々の心や身体の健康管理のために、自身のメンタル及びフィジカルヘルスについて考え、学ぶ機会を提供する。
キーワード ストレス、健康障害、メンタルヘルス、フィジカルヘルス、感染症、生活習慣病、麻薬、うつ病、統合失調症、自律訓練法、アサーション、認知行動論スポーツ精神医学
授業計画 ・感染症とその対策:インフルエンザ、ノロウイルス感染症等の大学において流行しやすい感染症について知り、その対策を考える。(担当 大塚盛男)
・生活習慣病:大学院の時期は研究などで不規則な生活になりがちであるが、正しい食生活、運動習慣などの生活習慣を身につけるべきである。そこで科学的な根拠に基づく正しい生活習慣のありかた、生活習慣病の予防法について解説する。(担当 久賀圭祐)
・消化器症状とその対策:大学院生時代において遭遇しやすい「common disease」のうち、本講義では特に腹部症状について実例を挙げて学び、その対策や予防方法について解説する。(担当 金子剛)
・心と運動:スポーツ精神医学分野の最新の知見をレビューし、運動が心身の健康に与える効果について講義する。大学院生・研究者の心身の健康増進に最適な運動処方を提案する。(担当 原 友紀)
・麻薬はなぜいけないのか?:近年、大学生の大麻汚染など麻薬問題が深刻化している。麻薬が惹き起こす精神症状とその危険性について、最新の脳科学研究をもとに解説する。(担当 太刀川弘和)
・うつ病はこころの風邪か?:うつ病の症状や種類について正しい理解ができるように精神医学の知見を解説し、対処法や治療について紹介する。(担当 石井映美)
・統合失調症とはどんな病気か?:青年期では100人に一人が発症する統合失調症について、その症状や治療をわかりやすく解説する。(担当 堀 孝文)
・リラクセーション入門:代表的なリラクセーション技法でもある自律訓練法の解説と実習を行う。(担当 杉江 征)
・アサーション入門:相手と自分の気持ち・権利をともに大切にしながらコミュニケーションを行う方法について、グループワークを交えながら学ぶ。(担当 佐藤 純)
・心の仕組みとは?:人の心の仕組みを、認知行動論的立場から解説する。(担当 寺島 瞳)
・家族心理学入門:誰にとってももっとも近く生涯テーマとなりうる関係,家族。自分自身の家族観をふりかえる機会を提供する。(担当 田附あえか)
履修条件
成績評価方法 ①評価方法:出席日数、学年末のレポートにより総合評価する。
②割合
③評価基準
教材・参考文献・配布資料 それぞれの授業に合わせて紹介する。
授業外における学習方法
その他
開講情報 レポート課題pdf
開講日 2012年 09月 07日 ~ 2012年 09月 28日 毎週金曜日    16時45分 ~ 18時00分
2012年 10月 04日   16時45分 ~ 18時00分
2012年 10月 12日 ~ 2012年 11月 09日 毎週金曜日    16時45分 ~ 18時00分
備考 大塚先生からレポート課題が出ています(締切11月22日)。
「受講された授業のうちから興味のあるテーマを1つ選び、授業で取り上げられた疾患についての概要、あるいは授業内容で印象深かった点や感想について、A4用紙1枚程度にまとめてください」

提出方法:①大塚先生へメールで送る(m-otsukua@md.tsukuba.ac.jp)あるいは②保健管理センター2階受付へ持参。
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ