印刷

教育

大学院共通科目

研究マネジメント力養成 科目群 -自ら研究課題を発見し設定する力や自ら研究方法等を構築する力の向上-

発明発見はいかにしてなされたか

科目番号 01ZZ201
授業科目名(和文) 発明発見はいかにしてなされたか
授業科目名(英文) How have inventions and discoveries been made?
授業形態
標準履修年次
開設学期 2
曜時限 金6
教室 1C210
単位数 1
担当教員
教員名 中井 直正、橋本 実瑞貴(非)
所属 数理物質系
学務担当 数理物質科学研究科
主実施組織
TF・TA
オフィスアワー等
教育目標との関連
授業の到達目標
授業概要 優れた研究・仕事を行うには何が大切かを知るひとつの方法は、過去になされた優れた業績の過程を分析し、それが成就した鍵は何であったかを考え、それから学ぶことである。本授業では前半を招聘講師を含む教員が実例(ノーベル賞研究から宝塚歌劇団まで)を示して研究学を講義し、その間に受講生は自ら過去になされた発明発見の事例を取り上げて調査と考察を行い、後半に各人が発表を行う。最後にレポートにまとめて提出する。
キーワード
授業計画
履修条件
成績評価方法
教材・参考文献・配布資料
授業外における学習方法
その他
開講情報
開講日 2012年 09月 07日 ~ 2012年 09月 28日 毎週金曜日    16時45分 ~ 18時00分
2012年 10月 04日   16時45分 ~ 18時00分
2012年 10月 12日 ~ 2012年 11月 09日 毎週金曜日    16時45分 ~ 18時00分
備考 2学期 金6(2nd semester Fri 6th prd)
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ