印刷

教育

大学院共通科目

キャリアマネジメント 科目群 -産業界や地域社会へ飛び立つ豊かな力の向上-

博士のキャリアパス

科目番号 01ZZ505
授業科目名(和文) 博士のキャリアパス
授業科目名(英文) Career paths for PhDs
授業形態 講義・演習
標準履修年次 特になし(博士前期課程の履修を推奨する)
開設学期 1
曜時限 集中(4月14・15日)
教室 総合研究棟A棟110 
単位数 1
担当教員
教員名 小林 信一、加藤 真紀(非)、権田 幸弘(非)
所属 ビジネスサイエンス系
学務担当 生命環境科学研究科
主実施組織 生命環境科学研究科
TF・TA
オフィスアワー等
オフィスアワー 東京キャンパス勤務のため、必要な場合はメールで連絡をとること
研究室
電話番号
E-mail kobayashi.shinichi.gu@u.tsukuba.ac.jp
教育目標との関連 研究者や高度専門職業人となるべき「人間力の涵養」の基礎となるキャリアマネジメント能力の向上に資する。
授業の到達目標 1.博士の意義、博士の就職、博士の仕事の実態を理解する。 2.大学院生が自身のキャリアについて考察できるようになる。 3.大学院で何を学ぶか、どうすごすか、どのような能力を獲得すべきか、について自省できるようになる。
授業概要 受講生(修士課程、博士前期課程学生を主対象とするが、それ以外も受け入れる)が、目的意識をもって博士課程を過ごしてもらうために、博士後期課程終了後の多様なキャリアパスについて考察する。社会における博士の役割について取り上げるとともに、そのために博士課程で習得することが期待される能力は何か、汎用的スキルやタイムマネジメント能力等について紹介する。キャリアデザインについても言及し、先輩たちの事例も言及する。
キーワード 博士、博士と社会、キャリアデザイン、能力開発。ポスドク
授業計画 2日間(2週連続の土曜日)の集中講義として実施する(非常勤講師の都合で、順番が入れ替わることがある)。 第1日: ・博士とは/大学院生とは何か ・博士の就職問題とは/博士のキャリアの実像 ・博士(大学院生)の就職活動 ・キャリア支援室の大学院生への支援 第2日: ・多様なキャリアとそのための努力・支援 ・自分自身のキャリアマネジメント ・博士(大学院)で何を学ぶか ・先輩の事例 ・大学院生としての生活、大学での生活
履修条件 特になし(文系も歓迎。また、単位の取得を目的としない履修も許可する。ただし、講義への参加は同様に行うこと)。 また、社会人学生や先輩学生、ポスドク等がメンタ-役として参加すること(討論への参加等)も歓迎します。
成績評価方法 ①評価方法 講義のほかに、クイズ、少人数グループでの討論、宿題、最終レポート等を取り混ぜて進める。 ②割合 出席(20%)、クイズ、少人数グループでの討論、宿題の提出(40%)、最終レポート(40%) ③評価基準 課題・宿題等に着実に取組んでいること、グループ討議への積極的に参加していること、これらを通じて、自らのキャリアについて自省できるようになること、レポートの内容が到達目標に照らして十分であること、を評価する。
教材・参考文献・配布資料 講義の際に資料配布、参考文献提示。
授業外における学習方法 宿題をすること
その他 キャリア支援室・就職課が大学院生(博士前後期過程)向けのキャリアガイダンス、キャリアカウンセリング等を実施している。必要に応じて活用することを推奨する。また、本科目以外にもキャリアデザインに資する科目が用意されているので、状況に応じて履修することを推奨する。
開講情報 ポスターpdf
開講日 2012年 04月 14日   10時00分 ~ 18時00分
2012年 04月 15日   10時00分 ~ 18時00分
備考 開講時間はHP,ポスターを参照。
シラバス(英語)

アイコン表示について

  • NEW 情報が新規登録されてから14日以内の項目に表示します
  • 更新 情報が更新されてから14日以内の項目に表示します

このページのトップへ