English

NEWS

「副学長等と全代会構成員との懇談会」を開催

12月1日、「副学長等と全学学類・専門学群・総合学域群代表者会議(全代会)構成員との懇談会」を開催しました。

この懇談会は、本学の学生組織である全代会構成員と副学長をはじめとする学群長、学類長などの関係教職員が一堂に会し、教育や学生生活の諸問題などについて意見を交わし、学生の意向を大学運営に反映させる場として例年実施しているもので、今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、対面・オンラインを併用して開催しました。

対面では太田圭副学長(学生担当)、加藤光保副学長(教育担当)、BENTON Caroline F.副学長(国際担当)及び池田潤副学長(企画評価・広報担当)など教職員20名、全代会議長団等の学生18名が出席し、オンラインでは学群長、学類長、学生支援関係教職員及び学生が出席しました。

懇談会では、宮本昌子学生生活支援室副室長の司会のもと、初めに全代会の森本ひのき議長から今年度の全代会活動中間報告がありました。引き続き、佐藤翔哉副議長から「今後の福利厚生事業について」、蒐場広翔副議長から「コロナ禍後の授業形態について」の2件の話題提供があり、オンライン出席者も含め、学生と教職員の間で活発な意見交換が行われました。

最後に、池田潤副学長から、本学の活動への理解を深めていただくため活動実績などをまとめた「統合報告書2021」について説明があり、大変有意義な懇談会となりました。

懇談会の様子
懇談会の様子