印刷

大学案内

大学の取り組み
政府の緊急事態宣言の解除に伴う本学の対応について

令和2年5月27日

学生・教職員 各位

新型コロナウイルス感染症リスク対応チーム
総務担当副学長  稲垣 敏之


 令和2年5月25日付けで、政府の緊急事態宣言の全面解除が発表されました。「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が改定され、6月18日までの3週間程度は一部首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)、北海道との間の移動は慎重に対応するよう一定の移行期間が示されています。
 これを受けて、茨城県ならびにつくば市ではこれまでの対策方針の修正を発表しており、本学においても、5月22日付け「新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた活動形態の変更方針について」の活動形態変更の候補日を6月15日(月)から6月19日(金)に変更しますので、ご理解とご協力をお願いします。


 なお、学生の皆さんには、当面は以下のとおりであることをお知らせします。

  • 本学の春学期の授業はオンラインのみで行います。そのため、学生の皆さんは慌てて引越する必要はありません。
  • 今後の研究活動、キャンパスへの入構、学生宿舎への入居開始日等については、近日中にお知らせしますので、大学HPや大学からの周知メールで確認してください。

このページのトップへ