English

キャンパスライフ

日本政府奨学金

日本政府(文部科学省)が実施する国費外国人留学生制度により、国費留学生として筑波大学への入学を希望する方は、下記の情報を参照の上、「大使館推薦」又は「大学推薦」いずれかの形式により申請を行ってください。


大使館推薦

各国の日本国大使館・総領事館(以下、在外公館という。)を通じて募集・選考が行われる推薦形式です。候補者となるためには、初めに在外公館での選考(第1次選考)に合格する必要があります。在外公館における募集・選考スケジュールは国によって異なります。また、「研究留学生」「学部留学生」「日本語・日本文化研修留学生」「教員研修留学生」等の複数の受入れ形態があり、希望する形態によって申請手順が異なります。詳細については必ず文部科学省や自国の在外公館のウェブサイト等でご確認ください。


大使館推薦の「研究留学生」として本学への入学を希望する場合、在外公館での第1次選考合格者となった後、本学から受入内諾書の発行を受ける必要があります。文部科学省の募集要項に記載された期日までに、受入れを希望する本学教員に対し内諾書発行依頼を行ってください。期日後の依頼は一切受け付けることができませんのでご注意ください。本学教員の情報は、筑波大学研究者総覧でご確認ください。


本学から受入内諾書を受け取り次第、在外公館に提出してください。第2次選考の採否結果は在外公館から通知されます。


2023年度入学者向け 大使館推薦スケジュール(予定)

  • 2022年4月~6月頃
    各国の在外公館における募集・第1次選考
  • 8月末頃まで
    〔候補者→筑波大学〕受入内諾書発行依頼
  • 9月
    〔筑波大学→候補者〕受入内諾書を発行
    〔候補者→在外公館〕受入内諾書提出
  • 10月~
    文部科学省における第2次選考
  • 2023年1月~2月頃
    〔在外公館→候補者〕採否結果通知
  • 2023年4月又は10月
    受入れ開始

大学推薦

日本の各大学において選抜された候補者を文部科学省に対して推薦する推薦形式です。 申請の手順や期間が異なる2種類の申請枠(一般枠及び特別枠)があります。各枠の申請方法は以下のとおりです。


【一般枠】

海外から新たに本学の大学院レベルの課程への入学を希望する学生のうち、学内選考により国費留学生候補者として選抜された者を、本学から文部科学省に推薦します。入学する学位プログラム(専攻分野)に関わらず申請が可能ですが、学内選考の対象者となるためには、受入れ指導教員から推薦を受ける必要があります。申請を希望する場合は、まずは受入れを希望する本学教員に連絡し、推薦可否についてご相談ください。


2023年度入学者向け 大学推薦(一般枠)スケジュール(予定)

  • 2022年12月~2023年1月頃
    大学における推薦希望者募集期間
  • 2月~3月頃
    学内審査・文部科学省への推薦
  • 6月頃
    国費採択結果通知
  • 10月
    受入れ開始

【特別枠】

文部科学省によって採択された特定のプログラムへの入学予定者を、国費留学生候補者として本学から文部科学省に推薦します。受入れ形態は、採択プログラムの内容により「研究留学生」又は「学部留学生」のいずれかとなります。特別枠として推薦可能なのは正規課程の学生のみであるため、候補者となるためには各プログラムが定める入試に合格する必要があります。入試に関する詳細は、各プログラムのウェブサイトでご確認ください。


2023年度大学推薦(特別枠)受入れプログラム一覧 (2022年9月現在)

※2022年度入学者向けの推薦は終了しました。


大学院レベル


学部レベル

創基151年筑波大学開学50周年記念事業
創基151年筑波大学開学50周年記念事業